captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

カラーパープル

スピルバーグ監督の作品である。

 

舞台は1900年代初頭、アメリカ南部。

 

ここに暮す黒人少女の成長と、彼女に関わる黒人達を描いている。

 

14歳の彼女が、二人目の子供を産むという場面から始まる。

 

彼女が「パパさん」と呼ぶ人が、赤ん坊の父親だ。

 

彼は、赤ん坊を彼女から取り上げ、売り飛ばしてしまう。

 

その後、彼女は暴力的な子持ちの男性 ( ミスター ) に嫁がされる。

 

そこでは奴隷のように働かされ、夜は性行を強制された。

 

消極的になっていく彼女の人生に、黒人歌手やミスターの息子の嫁が関わってくる。

 

黒人女性三人が、艱難を経て自立していく様を描いた作品だ。

 

評論家達には評判が良くないが、我々が娯楽作品として観るには、とても素晴しい映画である。