captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

極道の妻たち 赫い絆

岩下志麻主演、日本の映画である。

 

大阪の暴力団堂本一家、組長堂本増吉の娘きわは、若頭補佐の久村修一郎と結婚していた。

 

増吉の引退で、修一郎が組長に就任することになった。

 

襲名披露の前に、きわと修一郎は思い出の場所を訪れた。

 

修一郎はきわから腕時計を贈られて、上機嫌だ。

 

彼は、おみくじを引いた。

 

きわが受け取った。

 

凶だった。

 

きわは「大吉」と言って、おみくじを胸にしまった。

 

後目を継いだ後の披露宴に、対立する三東会の組長・後藤修造が組員を連れて来た。

 

きわが一人になった時、修造の弟・信治が彼女を襲った。

 

二人が揉み合っているところに、修一郎と幹部の村上徳一、そして三東会の組員がやって来た。

 

騒ぎの中、修一郎が組員を射殺した。

 

組長が服役すると堂本一家が三東会に潰されると考えた村上は、代わりに罪を被った。

 

村上は殺人罪で懲役12年、きわは傷害罪で懲役5年の判決を受け、共に服役した。

 

服役中、きわは修一郎と離婚した。

 

その後、修一郎は眉子という女と再婚した。

 

5年後、出所したきわは組に戻らず、東京で一人暮らしを始めた。

 

きわに傷を負わされた後藤信治が、きわの命を狙っていた。

 

 

この作品は、シリーズ第8作目である。

 

出所後、堅気になってスーパーで働く姐さんの姿が観られる。

座頭市千両首

勝新太郎主演、日本の時代劇映画である。

 

座頭市は、お千代という馬子が引く馬に乗って、上州板倉村に来た。

 

3年前に心ならずも斬ってしまった吉蔵という男の墓参りだ。

 

座頭市の耳に、賑やかな祭りの声が聞こえてきた。

 

村人は、座頭市を招き入れ、酒を振る舞った。

 

三年続きの凶作の中、村人たちは上納金千両をやっと用意することができて、祝っていたのだった。

 

翌朝、村人たち数人が、上納金を納めに代官屋敷に向かった。

 

途中、腕利きの浪人を含む数人の暴徒が襲いかかってきた。

 

村人は殺され、上納金の入った千両箱は、山の斜面を転がり落ちた。

 

座頭市は、落ちていた箱が千両箱だと知らずに腰掛け、煙草を一服した。

 

千両箱を追ってきた暴徒が、いきなり座頭市に斬りかかった。

 

座頭市は、相手を返り討ちにした。

 

座頭市が去った後、暴徒の残党が千両箱を持ち去った。

 

襲われた時に逃げた村人が、村に戻って事情を話した。

 

村人は、犯人は国定忠治の子分だと断言した。

 

お千代が座頭市が箱に座っていたのを目撃していて、座頭市も共犯だと決めつけられた。

 

村人は、そこに戻ってきた座頭市を取り囲んで、なじった。

 

座頭市は、国定忠治と自らの潔白を証明するため、忠治のいる赤城山に向かった。

 

 

この作品は、冒頭から、みごとな殺陣シーンが観られる。

 

主役はあくまでも座頭市であり、国定忠治に活躍させないシナリオがいい。

 

 

 

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション 砕かれた世界

日本のアニメーション映画である。

 

地球連合ザフトの戦い終結から2年、C.E.73年10月2日。

 

オーブの代表首長に就任したカガリ・ユラ・アスハは、アスラン・ザラを伴って、L4アーモリーワンにやってきた。

 

プラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルとの、非公式会談である。

 

アスランは、アレックス・ディノと名乗っていて、カガリに付き添っている。

 

平和を望むカガリは、これ以上の軍備拡張をしない様、要請に来たのだった。

 

アーモリーワンでは、新型戦艦ミネルバ進水式を控えていた。

 

突然、何者かがアーモリーワンを襲撃し、ザフトが開発した新型モビルスーツ3機が奪われた。

 

そして奪った機体で、基地を攻撃し始めた。

 

量産型モビルスーツ、ザクウォーリヤが迎撃する。

 

ミネルバからは、シン・アスカが操縦する新型モビルスーツインパルスガンダムが発進した。

 

アスランカガリを守りながらシェルターへ向かうが、逃げきれない。

 

彼はカガリを連れて、倒れているザクウォーリアに乗り込んだ。

 

そして、奪われた3機と戦った。

 

しかし、性能が違すぎた。

 

やむなくミネルバに着艦した。

 

 

この作品は、テレビアニメ「機動戦士ガンダムSEED  DESTINY」を4部作にした劇場版第1作である。

 

前シリーズ「機動戦士ガンダムSEED」を観ていないと、理解できないだろう。

 

戦闘シーンが多く、エキサイティングな構成にまとめられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

クーデター

アメリカの映画である。

 

東南アジアの某国でクーデターが起き、首相が殺された。

 

その17時間前。

 

カーディフ水道会社に転職したジャック・ドワイヤーは、インフラ整備のため、家族連れで海外に赴任することになった。

 

東南アジアに向かう飛行機の中、あと11時間も掛かると聞いて、妻のアニーはうんざりした。

 

クマのぬいぐるみをなくした次女のビーズが、座席の下に潜り込んで探していると、後ろの男性が見つけてくれた。

 

空港に着いてジャックがタクシーを探していると、先程の男性がホテルまで乗せていこうと申し出た。

 

彼はハモンドと名乗った。

 

そこに、ハモンドの友人ケニーが、車で迎えにきた。

 

ホテルでは、フロントにカーディフ社の垂れ幕が掲げられていて、ジャックの写真が載っていた。

 

部屋に行くとテレビは砂嵐しか映らず、フロントへの電話も通じなかった。

 

ジャックがフロントに行って尋ねると、ネットも通じないと言われた。

 

翌朝、ジャックは新聞を買いに街に出た。

 

すると、警官隊が来るのが見えた。

 

反対側から、棒や石を持った人々の集団がやってきた。

 

警察の発砲を合図に、両者が衝突して大乱闘になった。

 

暴動はあちこちで起きており、外国人が殺されるのが見えた。

 

暴徒に見つかったジャックは、追われながらも、なんとかホテルまで逃げた。

 

しかし、ホテルも暴徒が取り囲んでいた。

 

彼らは、ホテルになだれ込み、従業員を殺し始めた。

 

部屋に戻ったジャックはアニーに事情を説明し、逃げる準備をさせた。

 

ところが、長女のルーシーがいない。

 

一人で4階にあるプールに行った様だ。

 

ジャックは、ルーシーを探しに出た。

 

 

この作品は、クーデターが始まってから最後まで、緊迫した場面の連続である。

 

ただ、波が少ないので、後半は緊迫感に慣れてしまう。

 

「外国人に水を奪われた現地の人の反乱」なのだが、近未来の日本で起きてもおかしくない。

 

現実に、外国企業に水道事業を売り渡している自治体もあるし、外国人に水源を売り渡している地主も大勢いるのだ。

 

日本統一34

本宮泰風主演、日本の映画である。

 

氷室蓮司が国会議員を抱き込み、逮捕されていた平川が釈放された。

 

それが気に入らない丸神会の辰巳は、極山会の河本に平川を襲撃させた。

 

その時、平川と一緒にいた植木が銃弾を受けて重体になった。

 

警察による頂上作戦のため、侠和会は表立って動けない。

 

侠和会を抜けて復讐を果たすと息巻く平川を、氷室は抑えた。

 

氷室には策があった。

 

氷室は、丸神会に話し合いを申し込んだ。

 

丸神会理事長の沖田は、有利な条件で休戦できると考えたが、武闘派の辰巳と菊村が邪魔だった。

 

沖田は三田会長に辰巳らを抑えてもらう様に頼み、二人には会合のことを伏せた。

 

会合の日。

 

辰巳と菊村が暴れ込んできた。

 

 

今回は、両陣営の頭脳戦である。

 

二転三転するのが、面白い。

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

エディ・レツドメイン主演、アメリカ、イギリス合作の映画である。

 

前作「ファンタステック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」から数年後、1930年代。

 

ニュート・スキャマンダーは、山奥で魔法動物が出産するところに出会した。

 

それは、魔法界では神獣とされている麒麟だった。

 

出産直後、何者かが襲ってきた。

 

ニュートは赤ちゃん麒麟を抱いて逃げたが、あえなく倒され、麒麟は奪われた。

 

傷ついたニュートが親麒麟のところに戻ると、それは瀕死の状態だった。

 

そこに、もう一頭の赤ちゃん麒麟がいた。

 

双子だったのだ。

 

それを見た後、親麒麟は息絶え、ニュートは気を失った。

 

魔法動物ワイバーンが、彼と赤ちゃん麒麟を安全な場所に運んだ。

 

指名手配されて姿をくらましていた闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルトが、姿を表した。

 

アルバス・ダンブルドアは、グリンデルバルドが、魔法界を支配しようと企てていることを知った。

 

ダンブルドアは、かつてグリンデルバルドと親友同士であり、血の誓いを結んでいた。

 

それで、彼と戦うことはできないのだった。

 

ダンブルドアは、教え子であり友人のニュートに、グリンデルバルドを阻止することを依頼した。

 

ニュートの兄で、魔法省の闇祓い局長のテセウス、イルヴァーモーニー魔法魔術学校の教師ユーラリー・ヒックス、ニュートの助手バンティ・ブロードエーカー、ユスフ・カーマ、パン職人のジェイコヴ・コワルスキーが、チームとして集められた。

 

グリンテルバルドは、未来を知る力を持っている。

 

ニュートたちは、それを欺かねばならないのだ。

 

ダンブルドアは、「誰も全貌を知らない計画」を命じた。

 

 

この作品は、前作と繋がりがあるが、前作を観ていなくても理解できるし楽しめる。

 

魔法動物が、本当に生きているように見える。

 

ダンブルドアの秘密って・・・。

 

 

 

 

CURE

役所広司主演、日本の映画である。

 

ホテルの一室で、男が女を殺した。

 

女は娼婦であり、首から胸にかけてエックスの形に切り裂かれていた。

 

犯人の桑野一郎は、裸で隠れていた。

 

逮捕された彼は、殺害したことは覚えているが、動機がなかった。

 

別の犯人による同様の事件が続いていたが、被害者に接点はなかった。

 

高部賢一刑事は、親友の精神病医・佐久間真に相談した。

 

海岸を彷徨っていた若い男が、小学校教師の花岡徹に助けられた。

 

男は記憶を失っていて、自分が誰かもわからない。

 

花岡は彼を自宅に連れ帰った。

 

服に、間宮と書いた布が縫い付けられていた。

 

翌日、花岡の妻が胸をエックス字に切り裂かれて殺された。

 

犯人は夫の徹だった。

 

高部は、逮捕された徹を尋問したが、彼にも動機がなかった。

 

催眠術ではないかと考えた高部は、佐久間に相談した。

 

屋根の上に登っている間宮を、大井田巡査が見つけて声をかけた。

 

 

この作品は、中途半端な仕上がりだ。

 

詰めが甘く、物足りない。