captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

恋するモンテカルロ

アメリカの映画である。

 

テキサスの田舎に住んでいる高校三年生のグレースは、親友のエマとパリ旅行のために、お金を貯めていた。

 

卒業式の夜、母と再婚した義理の父が、連れ子のメグも一緒に行くように手配したという。

 

グレースは、生真面目な義姉メグとは、馬が合わないのだが、両親は旅行を切っ掛けに仲良くなってもらいたかったのだ。

 

そのために、3人分のファーストクラスチケットを用意していた。

 

パリに到着した3人は、5日間で沢山の名所を巡る気ぜわしいツアーに参加した。

 

ガイドに急かされて、食事も見学も、ゆっくりできない。

 

モンマルトルの階段で躓いたメグは、若い男性に助けられたが、挨拶をする間もなかった。

 

ホテルに着くと、パンフレットとは随分違う汚いホテルだった。

 

それでもパリに来られたグレースは、ポジティブに考える。

 

翌日、エッフェル塔に昇っている間に、ツアーのバスが出発してしまった。

 

歩いてホテルに戻る途中、雨になる。

 

3人は、目の前の高級ホテルに入り、トイレに直行した。

 

グレースが個室に入っている間に、彼女にそっくりな女性がトイレに入ってきた。

 

それを見たエマとメグは、個室から出てきたグレースの髪型を整え、先ほどの女性そっくりに仕立ててみた。

 

3人がトイレに出ると、支配人が近寄ってきて、なにやら謝罪した。

 

3人は、成り行きで泊まってしまう。

 

翌日、逃げだそうとするところを支配人に見付かり、遅れて届いたという荷物を渡され、リムジンに乗せられた。

 

着いた先には、プライベートジェットが待っていた。

 

行き先は、モンテカルロだ。

 

3人は、機内にあった雑誌から、グレースが資産家令嬢のコーデリアに間違えられていることを知る。

 

乗りかかった船ということもあり、そのまま、なりすますことにした。

 

ロマンチックコメディである。

 

途中からは、ありふれた展開で、先が読める。

 

 

マイマイ新子と千年の魔法

日本のアニメーション映画である。

 

昭和三十年、山口県防府市国衙

 

小学三年の青木新子は、元気な女の子だ。

 

おでこに二つ目のつむじがあって髪の毛が逆立っていて、新子はそれを「マイマイ」 と呼んでいる。

 

新子の家の近くには、広大な麦畑が広がっている。

 

麦畑の間を走っている水路や道路は、直角に曲がっていて、千年前からあったのだと、祖父が話してくれた。

 

麦畑の下には、平安時代の遺跡が眠っているのだ。

 

「面白いことは、何でもじいちゃんが話してくれる。」

 

新子は、千年前、都からこの地にやって来たお姫様のことを想像した。

 

島津貴伊子は、医者である父と共に、東京から引っ越してきた。

 

新子と同じ三年生である。

 

登校した最初の日、香水を付けていったこともあって、クラスで浮いていた。

 

放課後、新子は貴伊子の後をついていった。

 

貴伊子の家で、2人は、友達になった。

 

貴伊子は、お土産を持って新子の家に遊びに来た。

 

それがウイスキーボンボンだったので、新子も貴伊子も、そして新子の妹光子も酔っぱらってしまった。

 

ますます、2人は仲良くなった。

 

そして貴伊子は、クラスに馴染んでいった。

 

ある日、男の子達と一緒に、小川にダムを造った。

 

そこにできた小さな池に、金魚が一匹、流れてきて住みついた。

 

みんなは、保健室のひづる先生の名前を取って、「ひづる」 と名付けた。

 

この作品は、小説家、高樹のぶ子の自伝的小説をアニメ化したものだ。

 

とても、楽しい作品である。

 

登場人物が、全員、おおらかなのがいい。

 

警察官も、ヤクザも、みんな、おおらかだ。

 

 

 

 

 

 

レヴェナント 蘇りし者

レオナルド・ディカプリオ主演、アメリカの映画である。

 

1823年、アメリカ北西部の山岳地帯。

 

白人達は動物の毛皮を獲っていた。

 

そこを、インディアンのアラカラ族が襲撃した。

 

ガイドのグラスが、船に乗り込むよう指示して、ようやく逃げ出した。

 

33人が殺され、毛皮の多くを捨ててきた。

 

しばらく川を下ったところで、グラスは山を通ることを提案した。

 

この川はアラカラ族が支配していて、このまま行けば殺される。

 

一行は、船を捨て、毛皮を山に隠した。

 

船を流しに行った2人は、そのまま船で逃げ出し、その後、アラカラ族に捕まって殺された。

 

グラスの案内で、一行は山を進んで、カイオワ砦を目指した。

 

アラカラ族が追ってくるだろうから、ゆっくりはしていられない。

 

見張りに出ていたグラスがグリズリーに襲われて、重症を負った。

 

一行は彼に応急処置を施し、急造の担架で運ぶ。

 

しかし、彼を運びながら雪山を越えていくのは不可能だ。

 

そこで隊長は、瀕死の彼を射殺しようとするのだが、できなかった。

 

隊長は、グラスの息子ホークと、若いブリッジャー、金目当てのフィッジェラルドを残して出発した。

 

残された3人は、グラスが死んだら埋葬してから皆の後を追う予定だ。

 

さっさと済ませてしまいたいフィッジェラルドは、ブリッジャーが水を汲みに行っている間に、グラスの息を止めようとした。

 

ホークがそれに気付いて、止めに入る。

 

フィッジェラルドは、襲いかかってきたホークにナイフを突き立てて殺した。

 

彼は、戻ってきたブリッジャーを騙して、翌日、グラスを放置して逃げた。

 

グラスは、奇跡的に生き延びた。

 

彼は、肉食動物が食べ残した屍骸から、僅かな肉をこそげ落として、食いつないだ。

 

ホークの復讐を果たすまで、死ぬわけにはいかないのだ。

 

観ていて、力が入る作品だ。

 

瀕死の重傷、極寒の雪山、1人取り残され、先住民が追ってくる。

 

これ以上ないほど、主人公の危機だ。

 

残酷なシーンも、熊との格闘も、リアルだ。

 

覚悟して観ないと、ショックを受ける。

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION

日本のアニメーション映画である。

 

劇場版ポケットモンスター / ミュウツーの逆襲」 を、3Dアニメーションでリメイクしたものだ。

 

フジ博士は、ジャングルの奥地にある遺跡から、伝説のポケモン「ミュウ」 の化石を発見した。

 

博士は、その化石から強いポケモンミュウツー」 を作りだした。

 

研究所の培養液の中でミュウツーは、「私は誰だ。ここはどこだ。何のために生まれたのか。」 と、自問自答を繰り返す。

 

そして、培養液の入ったカプセルを壊して、外に出た。

 

博士らとは、テレパシーで話が通じた。

 

彼らの返答に腹を立てたミュウツーは、研究所を爆破して、飛び去った。

 

ロケット団のサカキが、悩むミュウツーに接近してきた。

 

そしてミュウツーに力を制御するよう説得し、そのための鎧を装着させた。

 

ミュウツーは、サカキの指示で多くのポケモンを捕まえていたが、人間の手先として使われていることに反発し、鎧を脱ぎ捨て、去っていった。

 

ポケモンマスターのサトシは、カスミ、タケシと共に旅をしている。

 

草原で食事の準備をしていると、男がバトルを挑んできた。

 

受けて立ったサトシは、あっさり勝利した。

 

遠隔でそれを見ていたミュウツーは、サトシ達にポケモンバトルの招待状を送った。

 

カイリュウが配達してきた招待状には、「最強のポケモントレーナー」 とあった。

 

サトシ達は、迷うことなく参加を決めた。

 

前半は哲学的、後半はポケモン同士の戦い。

 

前半は子供には難しすぎるだろうし、後半は大人にはつまらない。

 

どっちつかずの作品だ。

 

この作品は、劇場版第一作をリメイクしたものだ。

 

わざわざ3Dにする必要があったのだろうか。

 

 

パディントン 2

フランス、イギリス合作の映画である。

 

熊のパディントンは、ロンドン、ウィンザー・ガーデンで、ブラウン一家と共に暮らしている。

 

近所の人たちも彼を受け入れてくれ、楽しい日々を過ごしていた。

 

ある日、パディントンは骨董品店を営むグルーバーさんから、飛び出す絵本を見せてもらった。

 

それは、ロンドンの街をモチーフとしたもので、ルーシーおばさんの100才の誕生日プレゼントに、ぴったりだった。

 

でもそれは、世界に一つしかなく、持ち主は高く売りたがっている。

 

そこでパディントンは、お金を稼ぐことにした。

 

最初、床屋の掃除に雇ってもらったパディントンは、店主が出掛けている間に失敗をやらかして、クビになった。

 

その後、窓ふきで、お金を稼いだ。

 

もう少しで本が買えるという、ある日の夜。

 

パディントンは、グルーバーさんの店に入る泥棒を目撃した。

 

彼は絵本を盗んだ泥棒を追いかけたが、逃げられてしまった。

 

そして彼は、強盗容疑で逮捕され、裁判にかけられた。

 

判決は、懲役10年。

 

床屋の仕事で失敗した時に迷惑をかけた客が、裁判官だったのも、彼には不幸だった。

 

誰にでも親切なパディントンは、囚人達のボス的存在で料理係のナックルズとも仲良くなった。

 

食事内容が改善され、監視係は、消灯前に本を読み聞かせてくれるようになった。

 

一方、ブラウン一家は真犯人を捜し、その目星がついてきた。

 

ファンタジーである。

 

脚本が丁寧だ。

 

前半に、沢山散りばめた伏線が、きちんと回収されている。

 

CGも素晴らしく、パディントンが本物に見える。

 

最初に、パディントンがロンドンで暮らすようになった経緯がまとめられているので、第一作を観ていなくても楽しめる。

月の輝く夜に

シェール主演、アメリカの映画である。

 

ニュー・ヨーク、リトルイタリー。

 

ロレッタ・カストリーニは、7年前に夫を失った。

 

37才の今まで、独身でいる。

 

ある日、友人のジョニー・カマレーリから、プロポーズされた。

 

ロレッタは、それを受け入れた。

 

ジョニーは、危篤の母に結婚の報告をするため、イタリアへ行く。

 

そして、空港まで送ってきたロレッタに、長く会っていない弟ロニーを結婚式に招待してくれと、頼んだ。

 

ロレッタは、家に帰って結婚を報告すると、父は反対、母は愛しているのかと聞いた。

 

翌日、ロレッタはロニーに電話をするが、無愛想に切られてしまった。

 

そこで、ロニーが働くパン屋に、会いに行った。

 

ロニーは5年前、兄のせいで左手を無くして義手に、そして同時に、婚約者に去られてしまった。

 

以来ロニーは、兄のジョニーを憎んでいる。

 

ロレッタは、ロニーのアパートについていき、食事を作ってやった。

 

食事中、ロニーが突然テーブルをひっくり返し、ロレッタにキスをした。

 

ロレッタは、拒まなかった。

 

そして二人は、結ばれた。

 

翌朝、ロレッタは大きな罪悪感に包まれた。

 

ロレッタは忘れて欲しいと懇願するが、ロニーは、すっかりロレッタに惚れ込んでしまった。

 

二人は、「最後のデート」 を約束する。

 

ロニー役は、ニコラス・ケイジだ。

 

彼の、いろいろな姿が観られて、面白い。

 

ロマンチックなコメディである。

 

 

 

 

聖衣

アメリカの映画である。

 

A.C. 30年、ティベリウス帝が統治しているローマ帝国

 

護民官マーセラスは、奴隷を買いに市場へやって来た。

 

そこで、昔、結婚の約束をしたダイアナと再会した。

 

彼女は、次期皇帝カリギュラの妃になる予定だった。

 

二人が旧交を温めていると、カリギュラが登場して、奴隷のセリが始まった。

 

カリギュラは、マーセラスが求めていた双子の女奴隷を競り落とした。

 

マーセラスはカリギュラが求めていたギリシャ人奴隷ディメトリアスを、法外な値段で競り落とした。

 

これが、カリギュラの逆鱗に触れた。

 

マーセラスは、その日の内に、エルサレムへ左遷された。

 

到着してすぐ、マーセラスは救世主として崇められている男を見た。

 

翌朝、ローマ総督ビラトに呼び出されたマーセラスは、囚人の処刑を命じられた。

 

マーセラスは、イエスと他2名を磔刑に処した。

 

その後、マーセラス達は十字架の下で酒を呑み、賭け事に興じた。

 

そしてマーセラスは、賭に勝ってイエスが最後に着ていた衣を手に入れた。

 

マーセラスが衣を手に取ると、突然、嵐になった。

 

マーセラスは、夢でうなされるようになる。

 

クオ・ワディス」 と同じ時代と場所を描いたもので、似たような雰囲気だ。

 

こちらの方が、不安感が少ない。

 

間延びして、退屈な作品だ。

 

テーマが聖衣なのに、目立っていない。