captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ソード・アート・オンライン オーディナル・スケール

日本のアニメーション映画である。

 

テレビ版、「ソード・アート・オンライン」 を観ていると入りやすいが、観ていなくても楽しめる。

 

かつてオンラインのVRゲーム「ソード・アート」 で、科学者の茅場が参加者10000人を人質に取った。

 

ゲーム内での死は現実の死に直結し、4000人が命を落とした。

 

キリトの活躍で、ゲームオーバーとなり、生還者は「SAOサバイバー」 として、暮らしていた。

 

2年後、拡張現実端末「オーグマー」 が、発売された。

 

電磁波による危険が少なく、ゲームに参加できる。

 

キリトは、恋人のアスナに誘われて、参戦した。

 

開発者の真の目的は、SAOサバイバーの記憶を抜き取ることだった。

 

前半は、退屈な展開が続く。

 

スリルやサスペンスが、無いからだ。

 

ハラハラするのは、ラストだけ、かもしれない。

 

現実でも、今はVRよりもAR ( 拡張現実 ) のほうが、実用的になってきている。

 

メガネのように、簡単に装着できる端末で、いろいろなことが出来るようになるのも、もうすぐだろう。

 

この作品について行けない人は、世の中に取り残されるかも知れない。