captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

シャークネード 1

アメリカの映画である。

 

シャーク ( 鮫 ) とトルネード ( 竜巻 ) の合成語だ。

 

メキシコ沖でハリケーンが発生し、それから逃れるため鮫の群れも北上する。

 

そして、ロサンゼルスの賑わっている海岸で悲劇が起きた。

 

水辺にいる人が、次々に鮫に襲われたのだ。

 

海に出ていたフィンとバズは、負傷しながらも何とか水上バイクで岸まで逃げ切った。

 

そして、浜辺の店で手当をする。

 

ニュースを見たフィンは、ビバリーヒルズにいる妻子に避難するよう電話を入れるが、中の悪い妻は、それを拒否した。

 

フィンは、彼女らの元に行く決心をする。

 

しかし、大型のハリケーンが急速に接近し、高波が襲ってきた。

 

波には大量の鮫が混じっていて、人を襲う。

 

フィンは、バズ、店員のノヴァ、常連客のジョージらと共に、車でビバリーヒルズに向かった。

 

これからあとは、鮫に襲われるパニックシーンが連続する。

 

B級の作品ではあるが、ハラハラドキドキ、引き込まれる映画だ。

 

金をかけていないからCGは稚拙であり、違和感を感じる。

 

主人公の家族だけは死なない、都合の良すぎる展開が続く。

 

突っ込みどころ満載の映画であるのに、最後まで楽しめる作品だ。

 

この映画はシリーズ化され、第6話まで制作されている。

 

暇な人は、DVDで楽しめるだろう。