captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ピンクキャデラック

クリント・イーストウッド主演の、アクション映画である。

 

主人公は、保釈金を立て替えた保険会社の依頼で、裁判をすっぽかして逃亡した容疑者を捕まえる仕事をしている。

 

日本では、馴染みのない仕事だ。

 

今回のターゲットは、偽札所持の容疑がかかった若い人妻である。

 

彼女は保釈中に、白人純血主義のカルト集団みたいな奴らと連んで偽札作りをしていた夫から逃げ出すべく、夫のピンクのキャデラックで逃走した。

 

主人公は、程なく彼女を捕まえる。

 

そして、マシンガンをぶっ放すカルト集団みたいな奴らと戦うことになった。

 

クリント・イーストウッドは、老齢の域に差し掛かりつつある年齢で、動きがいささか精彩を欠いている。

 

この後、人間ドラマに移っていったのだろう。