captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ギャンブラー

1971年、アメリカの映画である。

 

西部開拓時代末期の、ワシントン州

 

小さな街に流れてきたギャンブラーが、主人公だ。

 

彼は、カード賭博で一儲けして、賭博場を作る。

 

そこに、売春宿の経営に長けた女が来て、それに出資することになった。

 

商売は、順調。

 

儲かってきた矢先、不動産会社が買収に来た。

 

彼は、それを拒否する。

 

不動産会社は、刺客を差し向け、決闘することになった。

 

地味な、戦いだ。

 

派手なアクションは無く、地味に始まり、地味に終わる。

 

それだけ。

 

題名からは予想できないストーリーだった。