captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

龍拳

1979年公開、ジャッキー・チェン初期の映画である。

 

蛇拳酔拳・笑拳の前の作品で、全編シリアスである。

 

道場のの師匠が殺され、3年の修行の後、復讐に出向く。

 

見付けた相手は善人になって道場を開いており、改心して片足を切り落としていた。

 

その後、道場と敵対するヤクザとの抗争に巻き込まれていく。

 

この作品では、ジャッキー・チェンの映画に付きものの、コミカルなシーンがない。

 

徹底的に叩きのめされて、どん底から這い上がる修行のシーンもない。

 

心の葛藤を描いたシリアスな作品で、見慣れたジャッキー・チェンではないので、つまらなく思う人もいるだろう。

 

しかし、若いだけあって、動きは素晴らしい。

 

格闘シーンを見るだけでも、価値がある。