captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

アポロ13

トム・ハンクス主演、アメリカの映画である。

 

実際にあったアポロ13号の事故に基づいて、制作された。

 

月着陸を目指したアポロ13号は、4月11日の、13時13分に打ち上げられた。

 

「13」は、キリスト教圏では不吉な数とされている。

 

打ち上げ直後にエンジン一基が故障したが、計画は続行された。

 

月を目前にして、酸素が漏れ出す事故が起きる。

 

漏れは止まらず、着陸を断念するが、トラブルは収まらない。

 

無事帰還するまで、クルーと地上スタッフの活躍が、生き生きと描かれている作品だ。

 

最後まで、目が離せない。