captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

おおかみこどもの雨と雪

細田守原作・脚本・監督のアニメである。

 

大学生の花が、一人の男性と出会うところから物語は始まる。

 

彼は、最後の「おおかみおとこ」だったのだが、花はそれを受け入れ、2人の子供を産む。

 

姉の名前は「雪」、弟の名前が「雨」である。

 

幸せな日々は長く続かず、夫が事故でなくなってしまう。

 

花は、2人を育てるため、田舎の古民家へ引っ越し。

 

子供達は、狼に変身したり人間に戻ったり、自由にのびのび暮していた。

 

やがて成長し、学校に通うようになると、色々と問題が起きてくる。

 

やがて、人間として生きていくことを決めた「雪」、狼として生きていくことに決めた「雨」。

 

家族の別れは、必然だった。

 

幼児の頃の無邪気な可愛らしい姿と、思春期を迎え自我の芽生えた姿の対照が、実にうまく描かれている。

 

子供と一緒に鑑賞して、親子の繋がり、兄弟姉妹の繋がりを確認できる作品である。