captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

アンドリューNDR114

ロビン・ウイリアムズ主演、アメリカの映画である。

 

小さな娘のいる家族が、家事ロボット「NDR114」型を購入した。

 

娘が、アンドリューと名付け、ロボットと仲良くなる。

 

アンドリューには、感情があり、創造力かあった。

 

この映画は、長い時間をかけて、アンドリューがロボットから人間へと「成長」していく姿を描いている。

 

人は死ぬが、ロボットは死なない。

 

最初の主人も、仲良くしてくれたその娘も、時が過ぎ、老いて死んでいく。

 

人間であることは、死を受け入れること。

 

なんとも切ない物語である。