captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

心が叫びたがってるんだ。

日本の、青春アニメである。

 

先日、テレビでやっていたのを録画して観た。

 

高校生の少女が主人公である。

 

幼い頃、父親の不倫を目撃し、無邪気に母親に話したことで両親が離婚した。

 

出て行く父親が、「お前のお喋りのせいだ」と言い残す。

 

それに傷ついた彼女は、喋ることを封印してしまう。

 

そして、高校生に。

 

ある日、地域交流会の実行委員の1人に選ばれ、ミュージカルをやることになった。

 

彼女は、話すことが出来ないが、歌で気持ちを表現できることに気付く。

 

ばらばらだったクラスメートも、一つに纏まっていく。

 

よくある、青春ストーリーだ。

 

見終わった後、なんだか辛かったね。

 

高校生活を思い出して、後悔の無い人などいないだろう。

 

甲子園で優勝したエースくらいか。

 

それはさておき、この作品は、良くできている。

 

そして、若い俳優が出ている最近の邦画が、なぜつまらないのか理解した。

 

実写の作品に出ている俳優達が、アニメと違いがないのである。

 

台詞も動きも、アニメと同じである。

 

アニメなら面白くても、実写が同じ事をしていたら、つまらないのだ。

 

日本のアニメは世界に通用する。

 

邦画は、たまに良いのがあるが。