captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

超高層プロフェッショナル

アメリカの映画である。

 

原題は「Steel」、意味は鉄鋼。

 

高層ビル建築の最初の段階、鉄骨構造を組み立てるところが舞台だ。

 

ジョージ・ケネディーが颯爽と登場したので、彼が主役かと思ったら、あっけなく死んでしまう。

 

高層ビルの建築現場で、日本で言う鳶職が、命綱も着けずに作業しているのである。

 

地上を見下ろすシーンは、映画館の大きなスクリーンで観たら、凄かっただろう。

 

物語は、一癖あるその道のプロをかき集め、妨害にもめげず、納期までに仕上げるというもの。

 

B級とまでは言わないが、まあ、普通の作品だ。