読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

フィラデルフィア・エクスペリメント

第二次世界大戦中の1943年、フィラデルフィアの軍港において、駆逐艦エルドリッジの実験を元にしている。

 

実際に行われた、テスラ・コイルを使ってのテレポーテーションの実験である。

 

現実に、駆逐艦エルドリッジは数百キロ移動し、戻ってきた。

 

そのとき、乗組員は発狂し、中には艦と融合してしまった兵士もいて、とても悲惨な状態だったという。

 

映画では、主人公が41年後にタイムスリップする。

 

その年、前回の失敗を挽回すべく、博士が砂漠で廃墟になった都市を使って、同じ実験をしようとしていた。

 

規模が大きすぎ、地球が消滅する危機に陥ってしまう。

 

この映画のタイムパラドックスを考えると、また、ややこしくて、訳が分からなくなってしまう。

 

時間移動を扱う映画は、色々考えないで、流れに身を任せた方が楽しめる。

 

分かっているのだが、理屈を考え、辻褄の合わないところを見付けてしまうのだ。