captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

白雪姫と雪の女王

アメリカの映画である。

 

ハリウッドの脚本家不足は、相当深刻なのだろう。

 

日本のアニメやゲームを実写化したり、昔話をちょっと変えたりで、オリジナルな作品が出てこない。

 

これも、その流れである。

 

オリジナルな物語を創造することは、パロディーの何十倍、何百倍も難しい。

 

しかし、それが出来る脚本家を養成しなければ、映画産業自体が衰退するだろう。

 

時間は掛かるが。

 

それにしてもこの台本で、ジュリア・ロバーツが、よく引き受けたものだ。

 

白雪姫の物語をコミカルにしてみたという意図を感じたが、どうせやるなら、徹底的にパロディーにして欲しかったね。

 

そうするには、筒井康隆並みの才能がいるか。

 

この映画は、失敗作である。

 

童話を忠実に再現する方が、よっぽど良い作品になっただろう。

 

もう一つ。

 

エンディングが、白雪姫のダンスである。

 

最低のラストであった。