captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

フリーランス

タイの映画である。

 

第十一回大阪アジアン映画祭でも上演された作品である。

 

先日テレビでやっていたので、録画して観た。

 

主人公はグラビア写真修正の仕事を、フリーで請け負っている。

 

頼まれた仕事は全て請け、徹夜続きの毎日を送っていた。

 

その結果、体中に発疹が出来、通院することになる。

 

そこで主治医の女医に恋をして、というような話が展開していくのだが、退屈だった。

 

タイでは、評判のよい映画だったらしいが。

 

キャストが全員真面目で、教育映画を観てるように感じた。

 

日本人から見ると、この映画は娯楽ではなく、芸術作品だ。

 

だから観る時は、そのつもりで。