captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

オデッサ・ファイル

イギリス・西ドイツの映画である。

 

主人公のルポ・ライターが、老人の自殺に出くわしたことから物語が始まる。

 

老人は、第二次大戦中に強制収容所に捕らえられていたユダヤ人だった。

 

主人公は老人の日記から、元SS達を匿う組織「オデッサ」の存在を知る。

 

そして、ひょんなことからイスラエル情報部「モサド」の手を借りて、オデッサに潜入した。

 

全体に、暗くて重苦しく、サスペンスに満ちた作品である。

 

そして、アメリカの映画みたいなハッピーエンドはない。

 

実際に、世界に散らばった元ナチス親衛隊員が、捕まることなく命を全うしているのだ。

 

そういう背景があるから、いかにも中途半端な終わり方である。

 

見終わった後は、消化不良だ。