captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

壮烈第七騎兵隊

1941年公開、アメリカの映画である。

 

南北戦争で活躍した実在の軍人カスターが、陸軍士官学校入学から、インディアンとの決戦までを描いている。

 

当時、というか、今でもそうであるが、「白人は善、インディアンは悪」とアメリカ人は考えていたし、考えているだろう。

 

差別撤廃を謳い「ネイティブアメリカン」と白人側は言う様になったが、当のネイティブは「インディアンで結構」と、反発している。

 

何しろ、白人は原住民を、ほぼ絶滅させたのだ。

 

虐殺した数は、600万人とも言われている。

 

映画では大抵、インディアンは恐ろしいもの、白人の敵であり、動物のように殺される。

 

しかし、この作品では、少し趣が違った。

 

「本当のアメリカ人は、インディアンだ」という白人側の台詞があったのだ。

 

そして最後は、インディアン側の正義を認めている。

 

戦前の映画としては、希有のものだ。

 

それだけでも、感心である。

 

 

広告を非表示にする