captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

少林寺

ジェット・リーの初主演作。

 

当時は、リー・リン・チェイ。

 

彼の少林拳は、本物である。

 

この映画で見せる格闘は、派手なアクションではない。

 

重心を落とし、軸がぶれない。

 

実際にケンカをすれば、相当強いだろう。

 

体は小さいが、あのスピードなら、相手の攻撃を受けることなく急所を一撃できるだろう。

 

映画としては、他に観るべきものはない。

 

この頃のカンフー映画は、ジャッキー・チェンサモ・ハン・キン・ポーなどのコミカル路線が流行っていた。

 

少林寺でも、それを取り入れていたのだけれども、笑えない。

 

無理しているなあと、観客に気を遣わせている。

 

今のジェット・リーなら、もっと自然に演じるのだろうけど。