captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

セキュリティ

アントニオ・パンデラス主演、アメリカの映画である。

 

海兵隊大尉のエドアルド・ディーコンは、退役後、1年間職に就いていなかった。

 

彼は、アフガニスタンに3度出撃し、心に傷を負っている。

 

それで、娘を傷つけるのではないかと心配して、妻子とは離れて暮らしていた。

 

仕事を斡旋する施設で、エディはショッピングモールの夜間警備員の仕事を得た。

 

嵐の夜、FBIは、裁判で重要な証言をする予定の少女を移送していた。

 

彼らは、突然襲われて銃撃戦になった。

 

その間に少女は、走って逃げた。

 

エディは、職場に着いた。

 

リーダーのヴァンスが、みんなを紹介した。

 

近々退社する予定のメイソン、ゲームばかりしているジョニー、女性のルビーだ。

 

警備員が5人もいて、しかも頑丈なシャッターまで装備しているのは、周辺の街にドラッグが蔓延していて、危険だからである。

 

エディが巡回に出ると、停電した。

 

雨の中、少女が扉を叩いている。

 

エディは、彼女を中に入れた。

 

彼女は、ひどく怯えていた。

 

警察に通報しようとしたが、嵐のせいか電話が通じない。

 

すると、父親を名乗る男がやってきた。

 

ヴァンスは男を中に入れようとするが、エディは警戒した。

 

連れてこられた少女は、男の顔を見た瞬間、悲鳴をあげて逃げ出した。

 

男は、脅迫の言葉を残して去った。

 

 

この作品は、ギャングが雇った重武装の傭兵集団と、5人の警備員との戦闘である。

 

全く勝ち目の見えない不利な状況からの逆転劇は、見応えがある。