読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

セルピコ

アメリカ・イタリアの合作映画である。

 

主演は、アル・パチーノ

 

公開当時、日本ではアル・パシーノと表記されていた、どうでも良いが。

 

これは、鉄の意志で正義を貫く警察官の話である。

 

ニューヨーク市警に勤めるセルピコが、銃で撃たれて病院に運ばれたところから物語は始まる。

 

撃った犯人は、警察官だった。

 

セルピコは、警察官の不正が許せず、署内で孤立していた。

 

不正の捜査を要求するセルピコの周りは、敵ばかりである。

 

アル・パチーノの演技から、執念、気迫、信念などが、ひしひしと伝わってくる。

 

観ているうちに、完全にその世界に入り込んでしまった。

 

この映画は、日本のベテランの警察官にこそ、見せてやりたい。

 

警察学校を卒業した頃の溢れる正義感を、思い出すだろう。