読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

裏切りのサーカス

ジョン・ル・カレの小説「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」を映画化したものである。

 

「サーカス」とは、イギリスのスパイ組織名だ。

 

ソ連のスパイ組織との戦いであり、二重スパイとなっている裏切り者をあぶり出していく。

 

同じイギリスのスパイを扱っていても、007シリーズみたいな派手なアクションも、奇抜な武器もない。

 

全体的に、暗く、重苦しく、不安感が漂う作品である。

 

小説を先に読んでいたけれども、映画の方は、なんだか分かりにくい作品だった。

 

俳優の区別が付きにくいせいかもしれない。

 

何の知識もなく映画を観たら、何の話かも分からないうちに終わってしまう。

 

そういう映画である。