captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ボーダーライン

アメリカの映画である。

 

アリゾナ州チャンドラー。

 

FBI捜査官ケイト・メンサーは、SWATを伴って、誘拐犯のアジトを急襲した。

 

1人を射殺して制圧するが、壁の中から顔を潰された多数の死体が見つかった。

 

メキシコの麻薬組織「ソノラ・カルテル」 の手口だ。

 

それらの死体は、ケイト捜査していた誘拐の被害者ではなかった。

 

襲撃した建物は、麻薬組織幹部マニュエル・ディアス名義だが、彼はアメリカでは合法的にビジネスをしていた。

 

ケイトは、その腕を買われて国防総省のマット・クレイヴァーが率いるチームに、招集された。

 

ケイト達は、ルーク空軍基地に行った。

 

そこでアレハンドロという男と合流、エル・パソに向かう。

 

エル・パソの陸軍基地でデルタフォースと合流して、車でメキシコのフアレスに向かった。

 

フアレスで、ソノラ・カルテルの幹部ギレルモの身柄をもらい受け、再びアメリカに戻る。

 

途中、高速道路でギレルモを奪還しようとした組織のメンバーを射殺。

 

この時、地元警察に撃たれたケイトは、相手を射殺した。

 

アメリカに戻り、ケイトは、非合法なやり方を抗議した。

 

マットは、真の目的は、組織を混乱させて、ファウスト・アラルコンをあぶり出すのだと言う。

 

ファウストのせいで、毎日、大勢が誘拐され、殺されているのだった。

 

この作品は、リアリティーがあって引き込まれる。

 

ただ、主人公ケイトの活躍が、冒頭だけしかなく、あとは添え物みたいな扱いだ。

 

主人公が活躍しない映画も、珍しい。