captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

居酒屋兆二

高倉健主演、日本の映画である。

 

函館の街外れ、藤野は妻と二人で居酒屋「兆二」 を営んでいる。

 

店は常連客によって繁盛しており、彼は親しみを込めて兆二と呼ばれていた。

 

兆二は、かつて造船所で働いていた。

 

同僚をリストラすることに反発して辞職し、居酒屋を開いたのだった。

 

彼には、かつて恋人・さよがいた。

 

二人は深く愛し合っていたが、さよに縁談が持ち上がった。

 

さよの幸せのために、兆二は身を引く。

 

さよは裕福な牧場主・神谷と結婚したが、不注意から火事を越してしまって行方をくらませた。

 

ある日、常連客・秋本の妻が亡くなり、もう一人の常連客・河原がそのことで秋本をなじった。

 

諫める兆二に対して、河原が逆上し、成り行きで兆二は河原を殴ってしまう。

 

警察に連行された兆二は、取り調べを受けるが、それは暴行の件ではなかった。

 

かつての恋人さよと共謀して神谷の牧場に放火したと、疑われていたのだ。

 

嫌疑が晴れた兆二は、さよを探しに札幌へ出向く。

 

高倉健のための映画と言える。

 

真面目、実直、一本気、誠実・・・。

 

理想的な男を、高倉健が演じている。

 

そう、いつもの高倉健だ。