captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

素晴らしき哉、人生 !

1946年、アメリカのファンタジー映画である。

 

主演は、ジェームズ・スチュアート

 

モノクロ作品だ。

 

クリスマスイブに、孤独なジョージは、自殺を図ろうとしていた。

 

天国では、まだ翼が持てない2級天使がいて、彼を救うことになる。

 

天使は、まず、彼のこれまでの人生を観ることになった。

 

それが、実に気の毒な人生だった。

 

多くの親切、自己犠牲で、他人を幸せにしてきたが、自分は報われることがなかったのだ。

 

彼が選んだのは、橋からの飛び込み自殺である。

 

そして飛び込もうとした時、川に落ちたのが、天使だった。

 

彼は天使を助け、天使に「彼が生まれてこなかったなら、どういう世の中になっていたか」を見せられる。

 

ほのぼのとした、暖かい映画である。