captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

イエスマン "YES"は、人生のパスワード

ジム・キャリー主演の喜劇である。

 

友達に連れられ、新興宗教のセミナーに参加した主人公は、何を言われても「イエス」としか答えてはならないと誓わされてしまう。

 

あとは、おきまりのパターンで、ドタバタが始まるのだ。

 

そして、ラストはハッピーエンド。

 

最近のハリウッド映画は、ハッピーエンドしか受け入れられないのかもしれない。

 

アメリカは、毎年、何万人も銃の犠牲になり、テロが多発し、離婚が当たり前になっている。

 

せめて、映画くらいは、ハッピーエンドでありたいのだろう。

 

ただ、この映画は、面白かった。