captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ロッキー

シルヴェスター・スタローン脚本、主演、アメリカの映画である。

 

もうすぐ30歳になるロッキー・バルボアは、ボクシングの試合に勝利して賞金を受け取った。

 

僅か40ドル。

 

次の試合は、2週間後だ。

 

ボクシングだけでは食べていけないロッキーは、地元の高利貸しガッツォの手下となって、借金の取り立てをしている。

 

根が優しいロッキーは、厳しく取り立てることができなかった。

 

ゴロツキと連んでいるロッキーを、トレーナーのミッキーは許すことができない。

 

彼は、ロッキーのロッカーを取り上げて新人に回してしまった。

 

ロッキーは、ペットショップで働くエイドリアンに恋していた。

 

エイドリアンは、内気で人見知りをし、なかなか、ロッキーを受け入れない。

 

彼女の兄ポーリーは、ロッキーの親友だ。

 

そんなある日、ボクシング世界ヘビー級チャンピオン、アポロ・グリードからタイトルマッチのオファーがあった。

 

アポロの対戦相手が負傷したのだ。

 

「イタリアの種馬」 というニックネームをアポロが気に入って、決定した。

 

試合まで、5ヶ月。

 

ロッキーは、本格的なトレーニングに入る。

 

この作品は、40年以上前のものだが、いつ観ても感動する。

 

主役だけでなく脇役の台詞にも、「名言」 が多数ある。

 

売れる作品の三要素、「友情、努力、勝利 ( 試合には負けたが、エイドリアンの愛を勝ち取った ) 」 が、うまく配合されている。

 

音楽も、素晴らしい。

 

 

ナイトミュージアム2

ベン・スティラー主演、アメリカの映画である。

 

前作「ナイトミュージアム」 から2年後、ラリーは警備員を辞めて起業していた。

 

発明した「暗闇で光るライト」 が、ヒットしたのだ。

 

CEOに収まった彼は、自然史博物館の前を通りかかった時、マクフィー館長に会った。

 

博物館は、改装のため休館中だ。

 

古くさい展示物は倉庫に移されていて、翌日、ワシントン.D.Cのスミソニアン博物館に移送されて保管されることになっている。

 

日が暮れてラリーは倉庫へ行き、懐かしい展示物達と再会した。

 

翌日の夜、ラリーに電話がかかってきた。

 

スミソニアン博物館の展示物が動いているという。

 

悪戯好きのオマキザル・デクスターが、魔法の石版を持ってきてしまったのだ。

 

ラリーは、急いでスミソニアン博物館へ向かう。

 

息子のニックは、ネットでスミソニアン博物館を調べて、ラリーをバックアップだ。

 

ラリーは、警備員のIDを手に入れ、中に入る。

 

そこには、アクメンラーの兄、カームンラーがいた。

 

彼は、ナポレオン皇帝やアル・カポネ達を従えて、世界征服に乗り出した。

 

大抵の場合、続編の方がつまらなくなるのだが、これは違う。

 

CG技術の進歩もあって、動きが洗練され、大きくなっている。

 

リアリティさも増していて、見応えがある作品に仕上がっている。

 

脚本も、丁寧だ。

 

 

バードマン あるいは ( 無知がもたらす予期せぬ奇跡 )

アメリカの映画である。

 

かつて、映画「バードマン」 で大人気だった俳優リーガン・トムソン。

 

60代になった今、復活を目指してブロードウェイに来た。

 

楽屋で、1人座禅を組み、空中浮揚している。

 

さらに彼は、念力が使える。

 

稽古の途中、俳優が怪我をしてしまった。

 

代役として立てられたのが、ブロードウェイで人気があるマイクだ。

 

しかしマイクは、傲慢で自由奔放で、リーガンと衝突する。

 

舞台の上で喧嘩して、プレビュー公演を台無しにしてしまった。

 

リーガンは、幻覚を見る。

 

かつて演じていたバードマンが出てきて、映画界に戻れと囁くのだ。

 

3度目のプレビュー公演の最中、休憩のために外に出たリーガンは、閉め出されてしまった。

 

彼は、ドアに挟まったローブを脱ぎ捨て、ブリーフ一枚で街を歩き、正面から舞台にもどる。

 

その夜の舞台は成功したが、彼がブリーフ一枚で歩いている動画が、ネットに拡散されてしまった。

 

それが、百万回も再生された。

 

この映画は、退屈だ。

 

通好みの作品なのだろう。

 

 

 

 

ナイトミュージアム

ベン・スティラー主演、アメリカの映画である。

 

ファンタジー、コメディだ。

 

失業中のニックは、離婚して別居中の息子に励まされ、職業斡旋所に行く。

 

そこで、ニューヨーク自然史博物館を紹介された。

 

行ってみると、仕事は夜警だった。

 

博物館は赤字続きのため、老警備員三人をリストラし、代わりに新人を一人入れたのだ。

 

ラリーは、断り切れずに、初日の勤務に就く。

 

一人で館内を見回っていると、ティラノサウルス骨格標本が無い。

 

不気味な、足音がする。

 

ティラノサウルスが、襲いかかってきた。

 

慌てて元警備員に連絡すると、当たり前のように「マニュアル通りにしろ」 と言う。

 

指示に従って、ラリーは切り抜けた。

 

この博物館は、夜になると展示物に命が宿り、動き出すのだった。

 

ラリーは、セオドア・ルーズベルト大統領から、「アクメンラーの石版」 の力で動いていことを知る。

 

ある日の夜、ラリーは息子のニックを博物館に呼び出した。

 

しかし、その夜に限って、何も動かない。

 

展示されている「アクメンラーの石版」 が、消えていた。

 

2人は、それを地下室で見つける。

 

そこへ、元警備員3人が現われた。

 

彼らは石版を盗み、ラリーに罪を着せようとしていたのだ。

 

ラリーとニックは、石版の力で若返った3人に敵うはずもなく、エジプトのブースに閉じ込められてしまった。

 

博物館は、大混乱。

 

外に出て行ってしまう者もいた。

 

一つの博物館内という、小さな世界で繰り広げられる物語だ。

 

だから、面白い。

 

 

ライジング・ドラゴン

ジャッキー・チェン主演、香港・中国合作の映画である。

 

かつて清王朝は、多くの財宝を所有していた。

 

中でも「十二生肖」 と呼ばれる、十二支の首像が最高の宝物だ。

 

しかし、アヘン戦争の後イギリスに略奪され、世界に分散してしまった。

 

今、それらを中国に返還しようという動きが出てきた。

 

古物商MP社は、それで儲けようと、凄腕のトレジャーハンター・JCを雇った。

 

JCは、まず、パリのマルソー伯爵が所有する鼠と兎の像を狙う。

 

情報収集のため、JCはジャーナリストであると詐り、像を研究している教授に近づいた。

 

教授の助手ココは、快く案内してくれた。

 

JCは、集めたデータから模造品を作成し、他のメンバーとともにマルソー邸に侵入した。

 

そこには、首像以外にも、沢山のお宝があった。

 

それらもいくつか盗み出したが、逃げる途中で伯爵の息子に見付かってしまう。

 

そして、逮捕された。

 

JCらは、証拠不十分で釈放された後、首像を積んで難破したとされる輸送船を探す冒険に出る。

 

そして、とある島に上陸。

 

金塊を見つけて大喜びをしたのも束の間、伯爵の息子が登場し、さらに、海賊に襲われて戦いなる。

 

他の、ジャッキー・チェン主演作品と同様、コミカルな演技とアクションが散りばめられている。

 

また、ジャッキー・チェンが身体を張って演技するのは、これが最後だと、彼自身が宣言した作品だ。

 

エンドロールでは、ファンへの感謝を語っている。

コピーキャット

シガニー・ウィーバー主演、アメリカの映画である。

 

犯罪心理学を研究しているヘレン・ハドソン博士が、大学で快楽殺人についての講義をしている。

 

赤いスーツ、ショートヘア、ユーモアを交えながら講義が進む。

 

終了間際、彼女は殺人鬼ダリルを見掛けた気がした。

 

彼女は、かつて彼を分析したことがあった。

 

ダリルは死刑判決を受けたが脱獄し、ヘレンに目をつけていたのだ。

 

それでヘレンには、護衛が付いている。

 

トイレの中もチェックしてもらったのだが、そこに、ダリルがいた。

 

ヘレンは、ワイヤーを首にかけられて吊さた。

 

便座につま先立ちになって耐える。

 

そして、目の前で駆けつけた護衛が殺された。

 

13ヶ月後、ダリルは逮捕され、服役している。

 

ヘレンは、事件のトラウマからパニック障害と屋外恐怖症を発症して、自宅に引きこもっていた。

 

彼女には、新聞を取りに出るのも、一苦労なのだった。

 

彼女は本が売れて豪邸を建て、また、ゲイのアンディを助手として雇っていた。

 

外に出られないので、パソコンでチャットするのが、唯一の楽しみだ。

 

そのころ、若い女性ばかり連続して殺された。

 

女性のモノハン刑事が、同僚のルーベン刑事と捜査を始めた。

 

ヘレンは、署に電話を掛けた。

 

ヘレンの素性を知るモノハン刑事が、彼女を訪ねた。

 

ヘレンは、これらの殺人は全て同一犯によるもので、かつての事件を模倣したものだとの分析結果を話した。

 

ヘレンが、着替えをベッドに置いてシャワーを浴びて出てくると、着替えが赤いスーツに替わっていた。

 

不審には思ったが、服用している薬とアルコールのせいかもしれない。

 

その後も事件は続き、ヘレンの言う通りになる。

 

サスペンスに満ちた作品で、最後まで楽しめる。

 

満足できる映画だ。

 

 

ザ・ウォーカー

ゼンデル・ワシントン主演、アメリカの映画である。

 

最後の戦争が終わった後、世界は荒廃していた。

 

大量に降り注ぐ紫外線により、一部の人は地下に逃げたが、大半の人類は死んだ。

 

1年後、地上に戻った人々は、残っているものを奪い合っていた。

 

イーライは、戦後30年間、西に向かって歩き続けている。

 

彼は、ある街にたどり着いた。

 

水を注文していると、男がイチャモンをつけてきたので、叩きのめした。

 

すると、大勢が武器を持って彼を取り囲んだ。

 

彼は、強い。

 

瞬く間に、全員を殺した。

 

そこに、街のボス、カーネギーが登場する。

 

街を支配しているカーネギーは、聖書を求めていた。

 

戦争の原因になったとして、聖書は全て焼き払われてしまったのだ。

 

しかし、世界を支配するには、もってこいの本である。

 

カーネギーは、イーライを懐柔しようとした。

 

仕方なくイーライは、一晩、泊まることにした。

 

その夜、若い娘ソラーラが、イーライの相手をするように、差し向けられた。

 

イーライには、その気はない。

 

「食事をしよう。」 と、向かい合わせでテーブルに着く。

 

イーライは、食前の祈りを始めた。

 

翌朝、カーネギーの元に戻ったソラーラは、母との食事の際、祈りを始めた。

 

それを見たカーネギーは、イーライが聖書を持っていることに気付く。

 

直ちに部屋に踏み込むが、イーライは、既に出発していた。

 

この映画は、緊張と弛緩のタイミングが、絶妙に配置されている。

 

映画制作を志す人には、良い教科書になる。