captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ヴィンセントが教えてくれたこと

ビル・マーレイ主演、アメリカの映画である。

 

ヴィンセントは、市場でリンゴをくすねた。

 

自宅に戻って、売春婦と楽しむが、全額支払うお金が無い。

 

自宅を担保に借金していたが、これ以上、融資が受けられないことになった。

 

なけなしの金を競馬に突っ込むが、当たるはずもなく、借金取りに2週間待ってもらう。

 

バーで酔っぱらって帰宅し、もう一杯飲もうと氷を割るが、ハンマーで手を叩き、痛みにのたうち回りながら頭をぶつけ気絶。

 

翌朝、表の騒ぎで目が冷めた。

 

引っ越し業者が、ヴィンセントの植木にトラックをぶつけ、枝が折れて車を直撃。

 

そこで、隣に引っ越してきたマギーとオリヴァー母子に出会う。

 

偏屈で悪態をつくヴィンセントの印象は、2人には最悪だった。

 

翌日、転校初日のオリヴァーは、いじめっ子に目を付けられて財布やスマホ、自宅の鍵を盗まれた。

 

家に入れないオリヴァーは、ヴィンセントに電話を借りる。

 

仕事から戻りオリヴァーを迎えに来たマギーは、ヴィンセントに、ベビーシッターになってもらうことにした。

 

ヴィンセントは、オリヴァーに喧嘩の仕方をし得たり、競馬場に連れて行って大穴を当てたり、バーで注文の仕方を教えたりした。

 

中途半端な作品である。

 

役柄の個性が、よく分からない。

 

「人には多面性がある。」 と言われれば、それまでだが。

 

映画は、白黒はっきりした方が、分かりやすい。

 

寂しい老人と、孤独な少年のふれあいという、ありがちな設定だ。

 

ろくでなしでのヴィンセントの良さが、オリヴァーには見えていて、後半には泣かせるシーンがある。

 

しかし、「アメリカ的なんだよな」、という感じだ。

 

 

超高速 ! 参勤交代

佐々木蔵之介主演の、時代劇である。

 

徳川吉宗が将軍であった時代、磐城国湯長谷藩の藩主・内藤政醇は、一年間の江戸務めを終えて帰ってきた。

 

お供の家来達も、ようやく一息ついて、寛いでいる。

 

程なくして、江戸から、老中の命を受けた使者が来た。

 

五日以内に、再び参勤交代せよ、できなければ藩を取りつぶすという。

 

老中松平信祝は、湯長谷藩に隠し金山があると見ていたのだ。

 

家来達は色めき立ったが、藩主は、これを引き受ける。

 

しかし、飢饉のため蓄えのない藩には、お金が無かった。

 

僅かばかりの銭をかき集め、総勢8人で出発する。

 

途中、宿場町を通る時は、人を雇って大名行列を作り、それ以外の所は、山の中を駆けていくことにした。

 

藩主の元に、雲隠段蔵という忍びが、道案内を申し出てきた。

 

藩主は、疑うことなく、任せることにした。

 

そして、出発。

 

この先、トラブルが続出し、ハラハラドキドキの展開だ。

 

全てにおいて、コメディタッチだから、愉快である。

 

役者に頼らずに、脚本だけでも勝負できる作品だ。

 

 

デュプリシティ ~ スパイは、スパイに嘘をつく

クライブ・オーエン、ジュリア・ロバーツ主演、アメリカの映画である。

 

トイレタリー商品で熾烈な競争をしているエクイクロム社と、B&R社。

 

それぞれのCEO、ディックとハワードは、人前で殴り合うほど仲が悪い。

 

ディックは、元MI6のエージェントだったレイを、産業スパイチームの一員として雇い入れた。

 

B&R社の、新製品情報を得るのが目的だ。

 

既に、B&R社には、スパイを一人潜入させてある。

 

レイは、情報を得るため、ニューヨークで、そのスパイに会うことになった。

 

そこに現われたのは、かつて一夜を共にしたことのあるクレアだった。

 

クレアは、初対面であると、しらばくれる。

 

時々、回想シーンが挟まれていて、ややこしい。

 

アクションシーンは、ほとんどなく、退屈だ。

 

「スパイ」、「元MI6」 なんて言葉が出てきたら、「ミッションインポシブル」 みたいなのを、期待してしまう。

 

ここでは、産業スパイだから、撃ち合いも格闘もないのだ。

 

恋愛映画、との見方もできるが、そちらもしっくり来ない。

 

観客の期待を裏切る、中途半端な作品である。

 

俳優が一流だけに、勿体ない。

 

ファンだけが、観て喜ぶ作品だ。

天と地と

榎木孝明主演、海音寺潮五郎の原作を映画化したものだ。

 

上杉謙信と、武田信玄の戦いを描いたものである。

 

上杉謙信、もとの長尾影虎の、生い立ち、男女関係、主従関係、兄弟などでの苦悩が、全体に重苦しさを与えている。

 

邦画としては、最もスケールの大きな作品ではないか。

 

川中島の戦いのシーンは、凄いの一言に尽きる。

 

CGではなく、大勢のエキストラを使っているのだ。

 

俳優陣も、充実している。

 

ただ、物語は、薄っぺらいというか、無駄が多いというか、つまらない。

 

映像と音楽を楽しむ作品だ。

インフェルノ

トム・ハンクス主演、アメリカの映画である。

 

ダ・ヴィンチ・コード」 のシリーズ第三作だ。

 

冒頭、男が何者かに追われ、塔の上に逃げる。

 

しかし、追い詰められて飛び降り自殺した。

 

ハーバード大学教授、ロバート・ラングドンは、病院のベッドで苦しんでいた。

 

頭に傷を負い、意識は朦朧として、幻覚を見ていた。

 

担当の女医は、意識が戻った彼に、簡単に説明する。

 

彼は、フィレンツェの病院にいて、ここ数日の記憶がなかった。

 

そこへ、警官が面会に来た。

 

警官は、いきなり発砲して職員を射殺。

 

女医は、扉に鍵を掛け、ラングドン教授と共に逃げた。

 

女医のアパートで、ラングドンは少しずつ記憶を取り戻していく。

 

彼のブレザーの中に、危険な最近などを運ぶための「バイオチューブ」 があった。

 

中には、小型のプロジェクターが入っていて、ホッティチェリの「地獄の見取り図」 を映し出した。

 

その絵には文字が書き加えられていた。

 

謎解きが始まる。

 

大富豪のゾブリストという男が、人類の半数を死亡させる強力なウイルスを作り、ばらまこうとしていた。

 

その鍵を握るのが、教授だ。

 

しかし、記憶が全部戻っていない。

 

彼を、発砲した女性警官、WHO、そして冒頭に男を自殺に追い込んだ奴が追ってくる。

 

最初から緊迫感の連続で、疲れる。

 

追われている側の教授が、やけに落ち着いている。

 

命を狙われていて、隠れないでいられるものなのか、なんて現実的なことを考えてしまう。

 

そして、映画なんだからと、興醒めする。

 

最初の40分位が、ハラハラドキドキして、一番面白かった。

 

尻すぼみの作品である。

トレーニング デイ

デンゼル・ワシントン主演、アメリカの映画である。

 

ロサンゼルス市警の若い警察官ジェイクは、出世のために麻薬取締課を志願した。

 

配属された初日、先輩のアロンゾ刑事に呼び出された。

 

カフェで落ち合った後、「今日は、トレーニング デイだ」 と告げられる。

 

車に乗せられ街に出た。

 

アロンゾ刑事は、麻薬を買ったばかりの学生に銃を突きつけ、押収した。

 

それを、麻薬を知るためだとして、無理やりジェイクに吸わせる。

 

次に向かったのは、情報屋ロジャーの家だ。

 

ジェイクには、アロンゾとロジャーは親しい友人同士に見えた。

 

次の場所へ移動中、ジェイクは路地裏でレイプされそうになっていた少女レティーを助けた。

 

アロンゾは興味を示さず、犯人を逃がしてしまう。

 

「大物だけを捕まえればいいのさ」 と。

 

この作品では、アロンゾ刑事を演じているゼンデル・ワシントンが素晴らしい。

 

今回は、悪役なのだ。

 

落ち着いた雰囲気で、当たり前のように悪事を働く。

 

刑事になりたての新人ジェイクは、正義感にあふれていて、二人は衝突する。

 

しかし、アロンゾの存在感が圧倒的で、ジェイクはついていくしかない。

 

脚本は、よく練られ、伏線もきちんと張られている。

 

また、登場人物の裏側 ( 私生活 ) が描かれていて、感情移入がし易い。

 

将来、映画作りを目指している人は、観ておくべき作品だろう。

塔の上のラプンツェル

ディズニーのアニメーション映画である。

 

ゴーデルという名の老婆は、魔法の花の力で若さを保っていた。

 

王国では、出産間近の王妃さまが、重い病気罹った。

 

衛兵達は、手分けして「魔法の花」 を探し、ついに手に入れる。

 

そのお陰で王妃さまは元気を取り戻し、金髪の女子を出産した。

 

その子は、ラプンツェルと名付けられた。

 

魔法の花を失ったゴーデルは、金髪に魔力を宿したラプンツェルを掠って、塔に閉じ込めた。

 

外の世界は危険だと聞かされながら、ラプンツェルは育つ。

 

毎年、自分の誕生日に空に上がる光を見ることだけが、楽しみだった。

 

18才になる前の日、事件が起きた。

 

その日、お城からティアラを盗んだフリン・ライダーという泥棒が、塔に逃げ込んできたのだ。

 

ラプンツェルはフライパンで彼を気絶させ、彼の荷物を隠した。

 

彼が気がつくと、ラプンツェルは荷物と引き替えに、光が登る場所へ連れて行くよう約束させた。

 

そして二人は、王国へ向かう。

 

気づいたゴーデルは、フリンを追ってきたスタビントン兄弟と共に、後を追う。

 

ディズニーアニメだから、ハッピーエンドに決まっている。

 

だから、安心して観ていられる。

 

恋愛映画として、大人でも楽しめる。

 

吹き替えの中川翔子は、プロの声優ではないが、ラプンツェルにぴったりはまっていて、良かった。