captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ファーゴ

アメリカの映画である。

 

1987年冬。

 

ミネアポリスに住むジェリー・ランディガードは、雪の中、ノースダコタ州ファーゴへ、新車を運んできた。

 

レストランには、整備工場の男に紹介された二人のチンピラが待っていた。

 

ジェリーは、彼らに新車と4万ドルの報酬で、妻の誘拐を依頼したのだ。

 

彼は多額の借金を抱えていて、金持ちの義父に身代金を出させ、半分いただく算段だった。

 

誘拐は、決行された。

 

犯人達は、逃げる途中で職務質問をした警官を射殺し、それを目撃したカップルも射殺した。

 

翌朝、警察署長のマージ・ガンダーソンは、殺人事件の捜査に取りかかった。

 

殺された警官のメモから、自動車販売店にたどり着く。

 

ジェリーは、そこで営業を担当していた。

 

義父は、社長である。

 

マージは、ジェリーに不信感を持ちながらも、深く追求はしなかった。

 

ジェリーは、義父に事件を打ち明け、身代金の話をする。

 

やり手の義父は、頼りないジェリーに任せておけず、自分で「100万ドル」を持って待ち合わせ場所に出掛けた。

 

この作品は、最初にテンポ良く事件があるが、その後は中だるみが続く。

 

誘拐された妻の、監禁中の恐怖感が描かれていない。

 

マージが一人で事件に取り組み、一人で聞き込みやパトロールをしている。

 

1980年代のアメリカでは、そんなシステムだったのだろうか。

 

その他、全体的に、リアリティーが乏しい作品だ。

何がジェーンに起こったか ?

アメリカの映画である。

 

1917年。

 

6歳のジェーン・ハドソンは、舞台の子役として人気を博していた。

 

「ベイビー・ジェーン」の愛称で親しまれ、等身大の人形もよく売れていた。

 

その影で、姉のブランチは我慢の日々を過ごす。

 

1935年。

 

大人になった二人は、すっかり立場が逆転していた。

 

姉のブランチは映画で活躍しているが、ジェーンは演技が下手な上、飲んだくれていた。

 

ある日、車の事故でブランチが半身不随になり、仕事が出来なくなってしまった。

 

車椅子生活のブランチは、豪邸の二階で、ジェーンに世話をされて暮らしていた。

 

姉に怪我をさせた責任を取った形だが、酒におぼれて、精神に異常をきたしていく。

 

姉の飼っていた小鳥やネズミの死骸を、夕食に運んできたりした。

 

姉が外部との連絡を取るのを嫌って電話機を取り上げ、ついに、監禁してしまう。

 

家政婦のエルバイラが、異変に気づいて、ジェーンが外出中にブランチを尋ねてきた。

 

彼女の部屋には鍵が掛っていて、エルバイラはドライバーとカナヅチでドアを外そうとする。

 

そこへ、ジェーンが帰ってきた。

 

この作品には、イライラさせられた。

 

意地悪で憎たらしいジェーンを、ベティ・デイヴィスが、見事に演じている。

 

24、5歳の設定だが、40歳くらいに見える見にくいメイクをしている。

 

それが、意地悪さを引き立てていた。

 

 

ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

10万年前の南極。

 

少女カーラと博士が、腕輪を探している。

 

それは、石像にあった。

 

このリングがついた剣を見つけたカーラは、それを引き抜いた。

 

その途端、タコに似た化け物に襲われ、カーラはリングを海に落としてしまう。

 

10万年後の東京、夏。

 

猛暑が続いていた。

 

ドラミちゃんから「今週は氷難、ペンギンに注意、ラッキーアイテムは星」と占いに出ていると言われたドラえもんだが、信じない。

 

新聞で話題になっていた南極の氷山へ、のび太と遊びに行く。

 

氷の遊園地を作って、しずかちゃん、ジャイアンスネ夫も連れてきて遊ぶ。

 

トラブルがあって氷が溶け始め、そこでのび太はリングを発見した。

 

日本に戻って調べると、氷山は10万年前のものだった。

 

これは大発見かも知れないと、みんなで南極に行く。

 

古代の遺跡があり、毛むくじゃらの動物が凍っていた。

 

溶かしてみると、人なつっこくてかわいい。

 

さらに、ドラえもんの姿をした物が凍っていて、溶かしてみるとペンギンの姿になって襲ってきた。

 

急速冷灯で、これを凍らせて一息をつく。

 

一同は、タイムマシンを使って10万年前に移動した。

 

この作品は、理屈っぽくて面白味に欠ける。

 

ただ、たくさん伏線を張っていて、「ああ、あれか。上手いなあ。」と感心させられるところが多い。

 

緻密なプロットを組み立てることが主になって、感動を演出できていない。

 

「おばあちゃんの思いで」は、なかなか超えられないようだ。

 

 

遠すぎた橋

イギリス・アメリカ合作の映画である。

 

第二次世界大戦、舞台はヨーロッパ。

 

1944年9月、ノルマンディー上陸作戦から三ヶ月経ち、ドイツ軍はオランダから撤退を始めていた。

 

追撃する連合国側は、補給線が600キロにも伸びてしまったため、橋頭堡を固める必要があった。

 

そこで、イギリス陸軍のモントゴメリー元帥が発案した「マーケット・ガーデン作戦」が実行される。

 

無謀な作戦だがアメリカ側は、政治的配慮から引き受けざるを得なかった。

 

橋頭堡確保のため、空挺部隊が落下傘で、地上からは戦車部隊が進軍する。

 

しかし、ドイツ軍が待ち受けている。

 

連合国側の作戦は、悉く失敗し、多数の戦死者が出る。

 

オランダの民間人も、たくさん犠牲になる。

 

頭の悪いトップのせいで、現場で戦う者達が犠牲になる典型的な例である。

 

実話に基づいているとはいえ、優秀なドイツ軍と愚かな連合国軍が、はっきり色分けて描かれている。

 

3時間の大作だが、戦闘シーンがふんだんにあり、飽きさせない。

 

日本人から見れば、米英軍が痛い目に遭って、痛快でさえある。

 

ロバート・レッドフォードジーン・ハックマンローレンス・オリヴィエマイケル・ケインライアン・オニールアンソニー・ホプキンスなどの、オールスターキャストだ。

 

贅沢な映画である。

 

ニック・オブ・タイム

ジョニー・デップ主演、アメリカの映画である。

 

会計士のジーン・ワトソンは、妻を亡くし、一人娘を連れてロサンゼルスにやってきた。

 

正午に列車を降りたところ、警察に呼ばれて車のところへ行く。

 

そこで、銃とターゲットの写真を渡され、暗殺を強要された。

 

彼らは、警察官に扮した、犯罪者達だったのだ。

 

午後1時半までに仕留めないと、娘を殺すと言われ、娘は拉致された。

 

ジーンは、銃を忍ばせ指定されたホテルに向かう。

 

一味のスミスという男に見張られていて、逃げることも警察に駆け込むことも出来ない。

 

ターゲットは女性州知事であり、このホテルで演説の予定だ。

 

ジーンは、銃を持っていたにもかかわらず、すんなりホテルに入ることが出来た。

 

警備主任が、犯人達とグルだったのだ。

 

ジーンは、侵入できたとはいえ、知事を暗殺するわけにもいかない。

 

何とか女性スタッフ、クリスタに話ができ、計画を打ち明ける。

 

クリスタは知事の夫に相談するが、そこへスミスが来て、クリスタを射殺した。

 

知事の夫も、グルだったのだ。

 

ジーンは知恵を絞り、靴磨きのヒューイを通して、やっと知事にたどり着く。

 

暗殺計画を話すが、知事は半信半疑だ。

 

そして、彼女は演説に向かう。

 

指定された時刻が、近づいてくる。

 

ジョニー・デップの演技が、ピカイチだ。

 

娘を救うために必死で何とかしようとするが、その度に邪魔が入る。

 

精神的に追い込まれていく姿に、引き込まれてしまう。

 

この作品は、実際の時間と同じペースで映画の中の時間が進んでいる。

 

だから余計に、「現実味」のある作品となっている。

 

 

俺たちは天使じゃない

ロバート・デ・ニーロショーン・ペン主演、アメリカの映画である。

 

1935年の冬、カナダとの国境近くの刑務所で、死刑執行が行なわれようとしていた。

 

囚人のネッドとジムは、足かせを付けられて、罰として死刑執行を見せられる羽目に。

 

死刑囚ボビーが、いよいよ電気椅子にかけられようとした時に、隠していた銃を発砲した。

 

混乱の最中、ネッドとジムも、一緒に脱獄することになってしまった。

 

雪の山中、ボビーとは離れてしまう。

 

翌日、脱獄に成功したネッドとジムが山道を歩いていると、老婆が運転する車が鹿を撥ねた。

 

彼女は、二人を神父だと勘違いし、町まで乗せいていく。

 

橋を渡ればカナダという、国境の町だ。

 

二人は、洗濯物を盗んで着替えてカナダへ逃げようとしたところ、修道院長と出くわしてしまう。

 

たまたま、ここの修道院に二人の神父が来ることになっていた。

 

老婆に神父だと紹介された二人は、修道院長から勘違いされ、教会に連れて行かれた。

 

食事をいただき、そこにおらざるを得ない。

 

脱走した囚人の噂は町に広がっていたし、保安官は似顔絵を貼りだしている。

 

しかし、二人を神父だと信じている町の人たちは、全く疑わない。

 

この作品は、コメディ的要素が多いが、笑うシーンはない。

 

刑務所長が、部下と警察犬を引き連れて捜索に来る。

 

逃げるに逃げられない、見付かりそうで見付からない。

 

ハラハラドキドキ、楽しめる。

 

ラストは、どうなるのだろうと、考えながら観てしまう。

 

ラストのショーン・ペンは、良かった。

7つの贈り物

ウィル・スミス主演、アメリカの映画である。

 

主人公ベンは、豪邸に1人で住んでいる。

 

彼は、国税庁のデータベースを使って、困っている人を捜していた。

 

肉のセールスをしているエズラは、盲目だ。

 

ベンは彼に電話して、クレームを付けながらエズラを侮辱してみた。

 

しかしエズラは、親切に対応する。

 

エズラは、彼のリストに入った。

 

彼は、少年アイスホッケーチームのコーチをしているジョージに出会う。

 

ジョージは腎臓の提供を待っていた。

 

そしてジョージも良い人間だったので、ベンは彼に腎臓を提供した。

 

ベンは、骨髄移植を待つ少年に骨髄を提供し、ふらふらになって家路につく。

 

と、このようにベンは、親切この上ない人間だ。

 

さらに、犠牲的な献身が続く。

 

それには、事情があったのだ。

 

この作品は、詳しく書きたくない。

 

知識の無いまま観た方が、圧倒的に感動できる。

 

また、善人に対してしか施さないところが、良い。

 

犠牲を無駄にしないのだ。

 

感動するだけでなく、考えさせられる作品である。