captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

名探偵コナン ベイカー街の亡霊

日本のアニメである。

 

バーチャルリアリティーの世界で、コナンが事件を解決する設定だ。

 

コナンの父親・優作は推理作家である。

 

彼がアイデアを提供して、友人が作り上げた体験型ゲーム機の発表会。

 

政財界の大物達の、子や孫が招待されていた。

 

彼らに、バーチャルリアリティーのゲームを体験してもらう趣向だった。

 

会場の地下室で、ゲームクリエイターが殺される。

 

ダイイングメッセージを確認したコナンは、仲間達と共に、ゲームに参加した。

 

解決のヒントは、ゲームにあるのだ。

 

ゲームが始まった途端、ゲーム機がAIに乗っ取られる。

 

AIの目的は、出来の悪い二世・三世が世襲しないよう、殺してしまおうというのだった。

 

この作品は、脚本が優れている。

 

細かい糸も、太い糸も全て繋がっていて、無駄がない。

 

邦画に多い「後セツ」も無い。

 

唐突なものもあったが、伏線がしっかりしている。

 

15年ほど前の作品だが、現代のAIは、まだそこまで追いついていない。

 

AIの開発は、想像以上に難しいのかも知れない。

 

この作品では、天才少年が開発したが。

 

政財界の跡取りがボンクラばかりだというのも、なかなか良い設定だ。

 

リセットしてもらいたい世襲議員は、山ほどいる。

 

脚本家も、腹に据えかねていたのだろう。

 

15年経っても、状況は変わっていない。

 

また、この作品は、ちゃんとした声優が演じているので、その世界に入り込める。

 

最近のアニメや吹き替えは、客寄せのために俳優を使うから、よそよそしい。

 

やはり、その道のプロでないと、作品が生きてこないのだ。

 

改めて確認できた作品である。

バレット

シルベスター・スタローン主演、アメリカのアクション映画である。

 

主人公ジミーは殺し屋で、仲間と共に裏家業で稼いできた。

 

ある日、依頼人の裏切りで相棒が殺され、自分も殺されそうになる。

 

この時は撃退したが、復讐のため依頼人を突き止めようとする。

 

そこへ、ワシントン警察の刑事が接触してきた。

 

一悶着あったが、協力して、裏で手を引いている大物を殺すことに。

 

刑事は、「逮捕する」と言い張るのだが。

 

この作品は、スタローンのための映画だ。

 

撮影当時66歳のスタローンは、完璧な肉体に仕上げている。

 

銃も使うが、彼には、やはり殴り合いが相応しい。

 

それは兎も角、ストーリーは単純で良い。

 

細かな伏線や、どんでん返しはない。

 

ストレートな展開だから、ストレス無く観ることができる。

 

映画は、あくまでも娯楽なのだ。

 

 

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密

ジョニー・デップ主演、アメリカのコメディ映画である。

 

グウィネス・パルトロウが、妻役を演じている。

 

主人公チャーリーは、イギリスの貴族であり、インチキ画商をしている。

 

家計は火の車で、財産を売って凌がなければならないのだが、気にしていない。

 

ある日、絵画修復師が殺され、ゴヤの名作が盗まれた。

 

作品の裏には、ナチススイス銀行口座番号が書かれているのだ。

 

これをめぐって、ロシアに行ったり、アメリカに行ったり。

 

ルパン三世」シリーズみたいな展開だが、ルパンシリーズの方が圧倒的に面白い。

 

この作品は、ジョニー・デップの魅力で何とか持っているようなものだ。

 

莫大な資金をつぎ込んだ、学芸会の出し物。

 

脚本がイマイチなのだ。

 

どこをどうすれば面白くなるか、映画制作を学ぶ者にとっては、良い教育材料にはなる。

 

突き詰めていくと、ルパン三世の実写版みたいになってしまうかも知れないが。

アンブレイカブル

ブルース・ウィリス主演、アメリカの映画である。

 

主人公デヴィッドは、しがない中年の警備員だ。

 

列車で家に帰る途中、脱線事故が起き、彼以外の乗客が全員死亡した。

 

しかし、彼だけが奇跡的に無傷だった。

 

一躍、時の人である。

 

そんな時、コミック画商をしているイライジャが、接触してきた。

 

彼は、骨形成不全症という病気で、生まれた時から何度も骨折してきた。

 

外出できない彼は、母のプレゼントが切っ掛けで、コミックに夢中になった。

 

大人になり、彼は、「自分と対局の人間が存在する」と考えるようになった。

 

すぐに骨折してしまう自分と真逆で、怪我も病気もしないスーパーヒーローがいるはずだと。

 

デヴィッドがそうかも知れないと、彼は感じた。

 

そして、フットボール会場で警備中のデヴィッドに会い、彼の邪悪な者を見付ける能力をみて、確信した。

 

デヴィッドは、彼のアドバイスに従い、人混みの中に入っていく。

 

通りすがりに触れた人の邪悪な部分が、脳裏にひらめく。

 

何人か続けた後、凶悪犯と接触した。

 

彼は、その男の後を付けていく。

 

作品のアイデアはよいが、作りが粗い。

 

デヴィッドが、なぜ不死身なのかも描かれていない。

 

そして、折角スーパーヒーローなのだから、刺されたり撃たれたりしても良いのではないか。

 

ラストで、登場人物達の「その後」が字幕として流れる。

 

これは、監督が他の者に続編を作らせないための、姑息な策略か。

 

ブルース・ウィリスが元気な内に、続編が観たいものだ。

 

 

 

 

ワンチャンス

実話に基づいた、イギリスの映画である。

 

幼い頃から歌が好きで、教会の聖歌隊で歌い続けてきたポール・ポッツ

 

特に、オペラが好きだった。

 

大人になり、地元のコンテストで優勝した賞金で、イタリアに留学する。

 

オペラ歌手としての基礎を学んでいたが、パヴァロッティに酷評されてしまう。

 

夢を諦め、ガールフレンドに連絡も出来ず、地元に引っ込んでしまう。

 

勇気を出して彼女に会いに行った事が切っ掛けで、結婚する。

 

再びオペラ歌手を目指すが、盲腸炎になったり、甲状腺に腫瘍が見付かったり、交通事故にあったりと、散々な日々が続く。

 

治療費が払えず、借金取りにおびえる日々だ。

 

そんな時、インターネットでオーディション番組の出演者募集広告を見付けた。

 

実際にポール・ポッツは、「ブリテンズ・ゴット・タレント」で優勝して、世界的なオペラ歌手になったのだ。

 

この映画では、歌を本人が吹き替えしている。

 

主演のジェームズ・コーデンは歌手でもあり、オペラの歌い方も練習して演技に望んでいる。

 

それでも、吹き替えを受け入れたのだから、懐の深いというか、度量の大きい役者だ。

 

ただ、歌は別として、台詞の日本語版吹き替えは「茶風林」だから、波平さんがちらついてしまった。

 

 

シシリーの黒い霧

古い、イタリアの映画である。

 

第二次世界大戦末期、シシリー島で活躍した山賊の頭領サルパドーレ・ジュリアーノ殺害を巡って、ドキュメンタリータッチで描かれている。

 

ある日、シシリー島にある民家の中庭で、ジュリアーノの射殺体が見付かったところから、物語が始まる。

 

第二次大戦末期、シシリー島は独立運動が盛んだった。

 

独立運動家は、戦闘力のある山賊を利用して勢力を伸ばす。

 

さらに、警察やマフィアも一緒になって、イタリアから独立しようとする。

 

戦後、イタリアは、日本のように軍を解体されることはなかった。

 

イタリア軍は、シシリー独立運動と対決することになる。

 

この作品は、俳優の演技より全体の流れで魅せる映画だ。

 

また、モノクロ作品ゆえ、夜間の銃撃戦は銃口からの火花だけしか見えない。

 

それゆえ、リアルな感じがする。

 

ハリウッド映画を見慣れた人には、退屈な作品ではある。

コンテンダー

ニコラス・ケイジ主演、アメリカの映画である。

 

メキシコ湾にあるBP社の海底油田基地が、原油流出事故を起こした。

 

ルイジアナ州の漁師達は、大きな被害を受けた。

 

これに立ち上がったのが、地元出身の下院議員コリン・プライスだ。

 

議会での演説で、一躍脚光を浴びる。

 

本人は、上院への足掛かりとしたいところだった。

 

ところが、地元漁師の妻との不倫が発覚し、スキャンダルに発展する。

 

期待の反動が大きく、連日、マスコミの攻撃を受けて、結局、議員を辞職する。

 

妻には、愛想を尽かされる。

 

16年間禁酒してきたが、それも破った。

 

彼は、被害を受けている漁師達の救済活動をしていた。

 

ある日、その組織に事故を起こしたBP社から、多額の賠償金が振り込まれた。

 

マスコミはセックススキャンダルとして叩いたが、たった一度の浮気である。

 

地元民の信頼は、厚い。

 

その彼を上院議員にして利用したいBP社の株主が、本社に掛け合い、振り込ませたのだ。

 

彼は、魂を売ってしまうのか。

 

全体に、じめじめした作品である。

 

不倫で失脚した主人公が、また別の人妻に手を出すのも、不自然だ。

 

アメリカ人は、そういうものなのか。