captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

明かりを灯す人

キルギス、フランス、ドイツ、イタリア、オランダの合作映画である。

 

舞台は、中央アジア天山山脈の麓、キルギスの貧しい村である。

 

ここで、電気工事を一手に引き受けている青年が、主人公だ。

 

彼は、妻と4人の子供達がいて、仲良く平和に暮している。

 

乞われれば自転車で駆けつけ、電気の修理をする。

 

お金のない人には無料でやってあげ、村人達から「明かり屋さん」と呼ばれていた。

 

彼は、大きな風車を建てて、村中に明かりを灯すという夢を持っていた。

 

そこへ、騒動が巻き起こる。

 

この映画は、娯楽作品ではない。

 

生き方を問われる作品だ。