captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

マラヴィータ

アメリカ・フランス合作。

 

FBIの証人保護プログラムを受けて、住居を転々とする元マフィア一家の話である。

 

ロバート・デ・ニーロ扮する、元マフィアの親分は、つい昔の気質が出て、近隣の住民とトラブルを起こしてしまう。

 

その妻も、娘と息子も、同じような性質である。

 

トラブルを起こしつつも、FBIに監視されながら無事に過ごしていたが、息子の学校新聞がきっかけで、敵対するマフィアに、居場所を突き止められてしまう。

 

そして襲われるのだが、この映画は、コメディーである。

 

ブラックな、コメディーだ。