captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

鷲は舞い降りた

イギリスの映画である。

 

第二次大戦中、ドイツ軍による英首相チャーチル誘拐作戦を描いたものだ。

 

チャーチルが、イギリスの片田舎を訪れるとの情報に基づき、ドイツは落下傘部隊を潜入させる。

 

イギリス軍服を着て、軍事演習を装い、その村で待ち伏せしていた。

 

ある日、訓練中に村の男の子が水路に落ちた。

 

それを助けたドイツ兵が水車に巻き込まれたことで、彼らの正体がばれてしまう。

 

作戦に狂いが生じたのだ。

 

この映画では、ドイツ兵は冷徹ではない。

 

暖かく人間味があり、その上で任務を遂行している。

 

次第に追い込まれていくが、観ている側は、ドイツ兵に思い入れしてしまうのだから、つらい。

 

ただ、この作品は、小説の方が面白かった。