captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

日本統一33

本宮泰風主演、日本の映画である。

 

丸神会は、民衆党の国会議員である荒巻や樋口を使って、侠和会潰しを目論んでいた。

 

そんな折、姿を眩ましていた侠和会の権田陵一が、丸神会の三田会長を襲撃した。

 

鶴見が盾になって銃弾を受け、三田は逃げた。

 

権田は逮捕された。

 

それを機に警察は、頂上作戦を決行した。

 

侠和会会長の川谷は、殺人教唆の容疑で逮捕された。

 

同時に、侠和会幹部数名が逮捕された。

 

丸神会の目論見通りことは進んだが、議員から暴力沙汰はご法度と釘を刺されていたため、鶴見の仇討ちはできない。

 

鶴見組を引き継いだ菊村は、血気盛んな男で、鶴見の仇を討ちたがっているが、理事長の沖田が抑えていた。

 

三田組の武闘派・辰巳が出所してきた。

 

辰巳は沖田のやり方が気に入らない。

 

今にも闘争を起こしそうな気配だ。

 

逮捕された権田は、警察の拷問に耐えて、偽証しないでいた。

 

氷室は有力政治家を使って、川谷の釈放を模索していた。

 

恐喝容疑で、田村が逮捕された。

 

 

今回は、侠和会が追い込まれていく。