captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

アイ・ラブ・トラブル

ニック・ノルディ、ジュリア・ロバーツ主演、アメリカの映画である。

 

シカゴ・クロニクルの名物コラムニスト、ピーター・ブラケットは、ピンチヒッターととして列車事故の取材に来た。

 

そこで、ライバル紙シカゴ・グローブの新人記者、サブリナ・ピーターソンと出会った。

 

ビーターは、若いサブリナに先輩風を吹かして、それがサブリナの心に火をつけた。

 

対抗心を燃やしたサブリナは、スクープをものにした。

 

翌日、シカゴ・グローブの記事を見たピーターは、彼女のスクープによって記者魂に火がついた。

 

それから、二人のスクープ合戦が始まった。

 

互いに相手を出し抜いての取材は、エスカレートしていく。

 

そしてピーターは、サブリナにトリックを仕掛けて、あるビデオを入手した。

 

サブリナのところに、列車から盗み出したブリーフケースを売りたいと電話があった。

 

彼女が待ち合わせ場所に行くと、相手の男は殺されていた。

 

また、列車事故で死んだ化学教師の妻から接触があり、会いに行くと、そこにピーターが現れた。

 

教師の妻は姿を消し、二人は何者かに命を狙われた。

 

 

この作品は、ラブコメディである。

 

色々詰め込んでいて、それなりに楽しめる。