captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

デッド・フォール

シルヴェスター・スタローンカート・ラッセル主演、アメリカの映画である。

 

ロサンゼルス郊外を、一台のトレーラーが暴走している。

 

スーツ姿がビシッと決まっている、ロサンゼルス市警西分署のレイモンド・タンゴ刑事が、トレーラの前に立ちはだかって銃を撃ち、これを止めた。

 

地元の警官に「ランボーか」と揶揄され、タンゴは「ランボーなんて、ひよっこさ」と答えた。

 

その横をリムジンが通り過ぎた。

 

中にいたのは、犯罪組織のボス、イブ・ペレだ。

 

彼は、タンゴと、もう一人の刑事キャッシュを憎んでいた。

 

中央署の刑事ガブリエル・キャッシュは、自宅でタンゴの記事を読んでいた。

 

そこに中国人の暗殺者が乱入して、格闘になった。

 

キャッシュは、逃げる中国人を追いかけて逮捕した。

 

タンゴもキャッシュも、自分がロサンゼルス市警一番の刑事だと、自称していた。

 

ただ、これまで二人は会ったことがない。

 

荒っぽいキャッシュは捕まえた中国人を拷問し、麻薬取引の情報を得て現場に向かった。

 

そこで一人の男を追いかけていると、別のところから情報を得て捜査に来たタンゴと鉢合わせた。

 

ライバル心を燃やす二人が男を追いかけて、ある部屋に入ると、男が死んでいた。

 

そこに突然FBIが突入してきて、二人を逮捕した。

 

麻薬捜査に当たっていた囮捜査官殺害の容疑だ。

 

裁判では二人に不利な証言ばかりで、18ヶ月の刑が言い渡され、刑務所に収監された。

 

そこには、かつて彼らが逮捕した凶悪犯ばかりが収容されていた。

 

 

気楽に楽しめる。

 

映画は娯楽、それを体現している。