captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ピーターラビット

オーストラリア、イギリス、アメリカ合作の映画である。

 

イギリス、ウィンダミアは自然が豊かなところだ。

 

うさぎのピーターは、三つ子の妹フロプシー、モプシー、カトンテール、従兄弟のペンジャミンと、木の根元にある巣穴で暮らしている。

 

ピーターたちは、近くにあるマクレガー爺さんの家の畑に忍び込み、野菜を失敬し始めた。

 

調子に乗ったピーターは、マクレガーに捕まった。

 

ちょうどその時、隣に住む若い女性ビアが来て、ピーターは助かった。

 

ピーターは、父の形見の青いシャツを、庭に残してきてしまった。

 

マクレガーは、これ見よがしにその青いシャツを掲げて、ピーターを誘き寄せた。

 

そして、取り返しに来たピーターと追いかけっこが始まった。

 

突然、マクレガーは心臓発作を起こして、死んでしまった。

 

主人がいなくなった屋敷に、ピーターは森の仲間たちを招き入れて、どんちゃん騒ぎを始めた。

 

その頃、ロンドンの老舗百貨店バロッズで働くトーマス・マクレガーに、ジョーの訃報がもたらされた。

 

トーマスにとってジョーは、会ったこともない大叔父だ。

 

訃報よりも、昇進のチャンスがなくなったことに大きなショックを受けたトーマスは、急に暴れ出して、解雇されてしまった。

 

彼のもとに、ジョーの遺産相続の書類が届いた。

 

トーマスは、早速、屋敷を見に出かけた。

 

彼がジョーの屋敷に入ると、動物たちが大騒ぎをしていて、家の中は荒れ放題。

 

彼は、動物を追い出し、家を掃除し始めた。

 

トーマスは、挨拶に来たビアと仲良くなった。

 

ピーターは、それが気に入らなかった。

 

この作品は、アニメではなく実写である。

 

ピーターをはじめ、動物たちのCGは、見事だ。

 

CGの出来は良いが、表情が、私は馴染めなかった。