captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

孤狼の血

役所広司主演、日本の映画である。

 

冒頭、豚小屋でやくざが男性を拷問している。

 

昭和63年。

 

広島県、呉原東署捜査2課、大上章吾は暴力団同士のの戦争を止めようとしていた。

 

かつて呉原市の暴力団・尾谷組に、広島市暴力団・五十子組が抗争を仕掛けた経緯がある。

 

現在、加古村組が呉原市内に進出しようとしていた。

 

呉原金融の経理を担当していた上早稲という男が、行方不明になった。

 

彼は、五十子組傘下の加古村組に、会社の金を融通していた。

 

加古村組の要求に、支店の金庫だけでは足りず、彼は本店の金庫に手を出した。

 

本店は五十子組の系列であり、バレると加古村組の立場が無い。

 

それで加古村組は、上早稲を拉致したのだった。

 

大上は、新人刑事の日岡と組んで捜査を始めた。

 

県警本部から異動してきた日岡は、秘密裏に大上の素行を調査する監査官だった。

 

大上の型破りで荒っぽいやり方を、日岡は気に入らない。

 

しかし、暴力団相手に、綺麗事だけでは通用しないのだ。

 

二人は、時に対立しながらも、捜査を進めていく。

 

そしてついに、埋められていた上早稲の首を発見した。

 

冒頭から、凄まじい拷問のシーンが映し出される。

 

各種関係がややこしく、集中して観ないと、わけが分からなくなってしまう。