captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

決断の3時10分

アメリカの西部劇である。

 

ウエイド一味が、駅馬車を襲った。

 

彼らは無闇に人殺しをしない。

 

しかし、御者が銃を抜いたため、ウエイドは御者を射殺した。

 

貧しい牧場主のダンは、息子2人とともに自分の牛を追っていて、現場を目撃した。

 

ウエイドは、「通報させないため」 と、彼らの馬を取り上げて去っていった。

 

ウエイド一味は、ビスビーの街に来て、バーに入る。

 

そこで、「駅馬車強盗を目撃した。犯人は御者を殺して逃走した」 と、保安官に話した。

 

保安官達が街を離れた隙に、メキシコへ逃げるのだ。

 

仲間を先に行かせ、ウエイドは、1人、そこに残る。

 

バーの女を知っていたからだ。

 

そこへ、ダンたちと合流した保安官が戻ってくる。

 

ウエイドは、呆気なく逮捕された。

 

しかし、彼は余裕だ。

 

仲間が助けに来ることを、知っている。

 

保安官達は、彼を馬車で移送したと見せかけ、翌日午後3時10分発の列車に乗せることにした。

 

誰もが怖がって、その役を引き受けない。

 

そこで荷物を奪われ御者も殺されたバターフィールドが、200ドルを持ちかけた。

 

すると、お金に困っているダンが、話に乗った。

 

その夜は、ダンの家に彼を移す。

 

翌日、駅近くのホテルに移すが、そこにはウエイドの手下が張り込んでいた。

 

ダンは早撃ちのガンマンではないし、壮絶な撃ち合いもない。

 

しかし、ラストに向けて緊張感が高まっていく。