captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

SING / シング

アメリカの、アニメーション映画である。

 

コアラのバスター・ムーンは、劇場の支配人だ。

 

かつては繁栄していたが、今は、ギャラも払えず、銀行からは返済の催促を受けている。

 

彼は、賞金1000ドルをつけて、歌のオーディションをすることにした。

 

そのポスターを印刷するのに、事務員のミス・グローリーが1000ドルの所を10万ドルにしてしまった。

 

大量のポスターが風に吹かれて、町中にばらまかれた。

 

ゴリラの少年ジョニーは、歌が好きだ。

 

しかし、強盗団のボスである父親の手伝いをさせられていた。

 

ブタのロジータは、夫と25匹の子豚の世話におわれ、歌うことでストレスを解消していた。

 

ハリネズミのアッシュは、ボーイフレンドと二人でパンクロックをやっている。

 

象のニーナは、祖父の誕生日に美声を披露していた。

 

ネズミのマイクは、駅でサックスを吹いていて、コインをくれたサルに言いがかりを付ける。

 

彼らを踏めた大勢の動物が、オーディションの予選に押し寄せてきた。

 

この時点で、バスター・ムーンは、賞金が間違えていることを知らない。

 

よく練られたシナリオである。

 

登場人物 ( 動物 ) それぞれの私生活が描かれていて、厚みを持たせている。

 

ただ、吹き替えは、プロに声優ではないのが混じっている。

 

学芸会みたいな台詞で、興醒めしてしまう。

 

プロとド素人のギャップが大きくて、不愉快だ。

 

どうせなら、全員、素人の吹き替えにする方がマシだ。

 

我慢しながら観るよりは、字幕版がよい。