captainsunday’s blog

ネタバレしないように、思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

アフター・アース

アメリカのSF映画である。

 

人類は地球環境を破壊してしまい、惑星「ノヴァ・プライム」に移住せざるを得なくなった。

 

ノヴァには先住民がいて、人類に対抗するため「アーサ」という生物を創り出した。

 

アーサは、視覚はないが恐怖を察知し、人類のみを襲うように創られていた。

 

1000年後、人類とアーサとの戦いは続いていた。

 

アーサと戦うレンジャー部隊の最高司令官サイファは、恐怖心を克服する術を体得していて、多くのアーサを退治していた。

 

サフィアの息子キタイは、13歳、レンジャー候補生だ。

 

成績は優秀だが、姉が自分の身代わりになってアーサに殺されたのを見たのが、トラウマになっていた。

 

久々に帰還したサイファは、次の作戦にキタイを同行させる。

 

二人は、数名の隊員と捕獲したアーサを積んで、宇宙へ旅立った。

 

途中、宇宙嵐に遭い、1000年前に人類が捨てた地球に不時着した。

 

サイファ親子以外に生存者はなく、救難信号を送る発信器は、遠くに墜落した船尾に搭載されていた。

 

ナビゲーションによると、約100キロ後方だ。

 

サイファは足を骨折して歩けない。

 

キタイ一人で、発信器を探し出し救難信号を送るために出発した。

 

凶暴に進化した動物に襲撃されたり、ヒルに血を吸われたり、呼吸に必要な薬を半分なくしたり、、、。

 

次々に困難が襲ってくる。

 

積んでいたアーサも生きていた。

 

ストーリーは単純で、ハラハラドキドキ、楽しめる作品である。

 

ただ、SFの場合、どうしても設定の説明が必要になる。

 

何年後であってもかまわないが、環境、時代背景、社会状況など、台詞ではなく映像で明らかにしなければならない。

 

それが苦労するところだ。

 

この作品は、うまくこなしている。

 

さて、サイファ役はウィル・スミス、息子のキタイは実の息子シュイデン・スミスが演じている。

 

それも、見所の一つか。