captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

花嫁の父

スペンサー・トレイシーエリザベス・テイラー主演、アメリカの映画である。

 

一人娘を嫁に出す父親の、葛藤、寂しさを描いた物語である。

 

神経質気味な父親役をスペンサー・トレイシーが、見事に演じている。

 

娘を持っている父親なら、ああなるのだろうと、同情してしまう。

 

エリザベス・テイラーは、無邪気で奔放な娘役だ。

 

父親が可哀相になるくらい、身勝手である。

 

しかし、ラストまできて、救われた気分になる。