captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

襲われた幌馬車

リチャード・ウィドマーク主演の西部劇である。

 

主人公は幼い頃、コマンチ族に救われ、部族の娘と結婚し子供もいた。

 

ある日、妻と子供が白人に襲われ殺害された。

 

彼は、襲った奴らに復讐したことで、お尋ね者になった。

 

ついに保安官に捕まり、護送中に旅の一家と出会う。

 

ところが、夜、アパッチに襲われて、遊びに出掛けていた子供達以外、全員殺されてしまった。

 

アパッチ族は、白人達に復讐するため集合していたのである。

 

彼は、生き残った子供達を連れて、「死の谷」を抜けていく。

 

敵は、アパッチ300人。

 

こっちの武器は、弾が3発しかない拳銃一丁。

 

ラストシーン以外は、良い作品である。

 

映像も、美しい。

 

ただ、ラストの演説がつまらない。

 

映画を通して、思想を天下に知らしめたいという監督の思いが、うっとうしい。