captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン

ドゥェイン・ジョンソン主演のアクション映画である。

 

彼は当時、プロレスラーで「ザ・ロック」と名乗っていた。

 

マフィアに借金取り立て代行をさせられていたベックは、ボスの放蕩息子を連れ戻すために、アマゾンへ旅だった。

 

そこは、独裁者が住民を強制労働させて、搾取しているところだった。

 

秘宝を見付けた放蕩息子、独裁者一味、それに反抗するゲリラが争う。

 

プロレスラーだから、パワフルなアクションが見どころである。

 

ところが「銃を使わない」のがモットーなのに、銃撃戦では、ついに使ってしまう。

 

放蕩息子を救うため、という大義名分があったのかも知れないが。

 

脚本家の、手抜きである。

 

切り抜けるアイデアが浮かばなかったのだろう。

 

だから、最後はあっけない。