captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

シェナンドー河

ジェームズ・スチュアート主演、アメリカの西部劇である。

 

南北戦争の最中、牧場を経営していた主人公一家は、南北どちらにも与せず中立を守っていた。

 

しかし、南軍の将校であった娘婿が戦争にかり出され、末っ子が北軍の捕虜となってしまう。

 

意に反して、戦争に巻き込まれてしまったのだ。

 

この後、息子達をつれて末っ子を取り戻しに行くのだが。

 

一家に、さらなる悲劇が襲いかかる。

 

最後に教会で祈るシーンが、印象的な作品だ。