captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

トプカピ

やや古いアメリカの映画である。

 

スリルとサスペンス、そしてコメディー。

 

女盗賊エリザベスは、イスタンブールトプカプ宮殿から「スルタンの剣」を盗み出す計画を立てる。

 

厳重な警備をかいくぐって盗み出す計画を、頭脳明晰な愛人が引き受けた。

 

彼は、それぞれ特技がある素人を集め、チームを作った。

 

一人が、武器を運んでいる最中に警察に捕まり、スパイとして働くことになる。

 

ところが、エリザベスの美貌と計画をしって、スパイをさせられていることをばらしてしまう。

 

逮捕の計画を知った彼女らは、計画を早めて実行した。

 

これから盗んで逃げるまでのところが、ハラハラドキドキで、引き込まれる作品だ。

 

この映画では、死者が出ない。

 

撃ち合いもない。

 

ルパン三世が、お宝を盗み出すような感じだ。

 

ルパン三世の方は、撃ち合いがあるが。

 

緻密な計画と、ドジな仲間。

 

愉快な作品である。