captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

スティーブ・ジョブズ

アメリカの映画である。

 

ジョブズが大学を中退し、ガレージからアップル社を起こし成功するところを描いた伝記だ。

 

彼は、それまでに無かった物を世に送り出す、素晴しい天才だった。

 

また、他人にも完璧を求め、敵も多かった。

 

職人肌の天才にありがちな、極端な性格だったらしい。

 

その辺りの表現が中途半端で、映画自体、何だか煮え切らない作品になってしまった。

 

物語として面白くするには、実際よりもデフォルメしないとダメだ。

 

スティーブ・ジョブズが、どこにでもいる青年実業家みたいになってしまっている。