captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

マイヤーリング

オードリー・ヘプバーン主演、アメリカの映画である。

 

19世紀に起きた、オーストリア帝国皇太子と男爵令嬢の心中事件を描いたものだ。

 

既婚の皇太子は、プレーボーイだった。

 

彼は、街で見かけた少女が気に入り、屋敷へ招待する。

 

彼女は、地位や財産などの欲望が無く、純粋に皇太子が好きだった。

 

皇太子も、そういう彼女に恋をしたのである。

 

しかし、ローマ法王は離婚を認めず、父王は、「別れるか、彼女を修道院へ入れるかだ」と、せまる。

 

舞踏会の後、二人は別荘「マイヤーリング」へ出掛けた。

 

令嬢の年齢設定は17歳、撮影時のオードリー・ヘプバーンは27か28だ。

 

やや無理があるが、十分に可愛らしい。