captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

赤い風車

巨匠ロートレックを描いた、イギリスの映画である。

 

パリのカフェ「ムーラン・ルージュ」に通うロートレックは、一人の女性と恋仲になる。

 

然し彼女は、ロートレックから金をせびっては他の男に貢ぎ、ついには彼の元を去ってしまう。

 

彼は、少年の頃に足を怪我し、足の成長だけが止まっていた。

 

そのため、上半身は大人であるが、身長が150センチほどしかなかった。

 

女に去られてから酒に溺れ、自殺未遂までする。

 

それでも、絵に対する情熱があり、再び作品に取りかかるが。

 

美しい作品であるが、寂しさが残る。

 

ロートレックの生涯が、その様なものであったから仕方がないのだが。