captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

ボーン・アイデンティティー

マット・デイモン主演のアクション映画である。

 

「CIA工作員ジェイソン・ボーン」シリーズの第1作だ。

 

マルセイユ沖で漁船に救助されたボーンは、銃で撃たれていて、記憶を無くしていた。

 

皮膚に埋め込まれていたマイクロチップから、スイスの銀行口座を知る。

 

貸金庫にあったのは、ジェイソン・ボーン名義のアメリカパスポートをはじめ数冊の偽造パスポート。

 

それらには、全て自分の写真が貼ってあった。

 

更に、拳銃や、数カ国の紙幣からなる大量の札束であった。

 

ボーンは、無意識のうちに出る外国語や格闘技に戸惑う。

 

そして、パリにあると書いてある自宅に行くが、記憶は戻らない。

 

そこへ、殺し屋が現れる。

 

この映画は、展開が速い。

 

ボーンは、暗殺計画に失敗して撃たれたのであった。

 

殺すはずだった相手、CIA、との三つ巴で物語が進む。

 

ロバート・ラドラムの原作「暗殺者」とは、最初の設定は同じだが、話は別物だ。

 

原作を読んでいても、映画を楽しめる。

 

知的で強いボーン役に、マット・デイモンは、うってつけだ。

 

また、観たくなってきた。