captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

シャドー・チェイサー

ヘンリー・カヴィル主演のアクション映画である。

 

彼は中堅どころの俳優なので、名前と顔が一致する人は、映画通と言えるだろう。

 

この作品には、ブルース・ウィリスが、主人公の父親役で、ちょこっとだけ出ている。

 

シガニー・ウィーバーも出ている。

 

会社員である主人公は、バカンスのためスペインを訪れ、事件に巻き込まれる。

 

クルーザーが荒らされ、家族が拉致された。

 

父が合流するが、実は、父親はCIAの工作員だった。

 

その父が殺され、アメリカ大使館に逃げ込むが、狙撃犯に間違えられる。

 

そして逃亡しながら、敵と戦う。

 

展開の速い作品であるが、プロットは緻密だ。

 

流石にハリウッドの脚本である。

 

無理な辻褄合わせもなく、全てが自然に繋がっている。

 

映画制作を目指す人は、この作品はとても勉強になるだろう。

 

アメリカ映画だから、ヒーローは最後まで生き抜き、勝利するし、家族と再会してハッピーエンドの予想が出来るが。

 

分かっていても、演出が上手く、ハラハラドキドキの連続だ。