captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

イーオン・フラックス

アメリカのSF映画である。

 

未来。

 

ウイルスの蔓延により、99%の人類が死滅した。

 

生き残った人は、城壁に囲まれた街で、一見、平和に暮している。

 

しかし、実際は、ワクチンを発明した博士の子孫によって監視され、管理されていたのである。

 

主人公イーオンは、妊娠していた妹が政府に殺されたのをきっかけに、反政府勢力に参加する。

 

ある日、独裁者の暗殺命令を受け、政府内に侵入した。

 

ところが、いざ暗殺となったとき、引き金が引けない。

 

彼女は、独裁者の亡くなった妻のクローンだったのだ。

 

愛された前世の記憶が、暗殺を妨げたのである。

 

独裁者の方も、他人の気がしなくて、ついに肉体関係を結ぶ。

 

この街の人々は、ワクチンの副作用で妊娠できなくなっていて、何代もクローンとして再生産されていた。

 

しかし、一部では、自然妊娠できる人も増えてきていた。

 

自然に生まれると、支配できなくなる。

 

そこで、独裁者の弟が、妊婦を殺していたのだ。

 

彼とイーオンの戦いが始まる。