captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

WALLE / ウォーリー

アメリカのアニメ映画である。

 

遠い未来、地球はゴミで溢れかえっていた。

 

人類は、ロボットに清掃を任せて、宇宙へ旅立った。

 

長い年月が経ち、壊れずにいたのは一台だけだ。

 

名前は、ウォーリー。

 

いつの間にか、感情を持つようになっていた。

 

生き残っていたゴキブリと、仲良く暮していたある日、ロケットがやってきて、ロボットを一台、置いていった。

 

それが凶暴な奴で、敵とみなしたら光線銃を撃ってくる。

 

それでも、ドタバタしている内に、ウォーリーに恋心が目覚めた。

 

相手のロボットの名前は、イブだ。

 

この後、話が二転三転して、ややこしい展開になる。

 

ロボットが感情を持つという、正当な根拠が描かれていない。

 

AIは、知能であって知性ではないから感情を持ち得ない、とも言われている。

 

この部分をすっ飛ばしているので、「なんだかなあ」という作品だ。

 

科学技術が発達して、最初から感情を持ったロボットが作られたことにした方が、しっくりくる。

 

引っかからない人には、楽しめるだろう。