captainsunday’s blog

思い出に残っている映画を、簡単に解説しています。

マン・オブ・スティール

アメリカの、SF映画である。

 

スーパーマンの生い立ちから、地球に「定着」するまでを描いたものだ。

 

昔は分かりやすい邦題が付けられていたのだが、いつの間にやら、英語をカタカナにしただけのものばかりで、何の映画なのか、イメージすら出来ない。

 

この映画は、資源が枯渇し滅びかけたクリプトン星から始まる。

 

生まれたばかりの人の男の子が、カプセルに乗せられ、「地球」に送り込まれる。

 

優しい夫婦に拾われたその子は、すくすく育ち、超能力の制御も出来るようになる。

 

大人になり、自分の出生の秘密を探し始めた頃、クリプトン星の生き残りが、地球制服にやってきた。

 

戦いが始まる。

 

スーパーマンに思い入れがある人には、つまらない、物足りない作品かも知れない。

 

CGばかりで、何だか嘘っぽいからだ。

 

スーパーマンは、やっぱり鍛え抜いた肉体のクリストファー・リーブでなくては。